「ビジュアル」&「音質」どちらも妥協しない!ハンドメイドのカスタマイズ楽器ケーブル!

PR TIMES / 2021年2月22日 16時45分

原音を生かした美しくクリアなサウンドを求める方へ。繋いだ楽器の音とルックス、そしてあなたの心も華やかに彩ります

三木楽器株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役:三木 俊彦、以下 三木楽器)は、有名ケーブルメーカーをカスタマイズ&ハンドメイドで丁寧に仕上げたカナダブランドRevelation Cable(レベレーションケーブル)を、日本及びアジアで初の取扱いを開始しました。



レベレーションケーブルは有名ケーブルメーカー(VanDamme , Sommer , Gothem)のケーブルを元に見た目も音質もマッチングベストなスリーブ、ヒートシュリンク、プラグを選んだハンドメイドケーブルです。
[画像1: https://prtimes.jp/i/73892/10/resize/d73892-10-891109-1.jpg ]

■製作者紹介
2018年カナダ・バンクーバーのケーブルブランド「Revelation Cable」は、元バンドマン、オーディオエンジニアのDuane Gable(デュエイン・ゲイブル)さんと元プロのフォトグラファーのKendra Gable(ケンドラ・ゲイブル)さんのご夫婦でブランディングされています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/73892/10/resize/d73892-10-647433-2.jpg ]

数々のケーブルメーカーの中から「原音を生かした美しくクリアなサウンド」「柔軟で頑丈」なケーブルを選び、ひとつひとつ丁寧に手作業で組み立てしており、とても美しい仕上げと高品質なサウンドが特徴です。

また、耐久性や見た目の美しさだけではなく、クオリティにとことんこだわっているため、ギター、ベースはもちろんのことキーボードや電子ドラムに至るまであらゆる楽器で使用ができます。

それぞれのモデルに応じてのカラーを選びをはじめ、お店に並んだときにRevelation Cableの商品がすぐに見つけることができるように、パッケージを美しくデザインしたりと、1本1本に想いを込めて丁寧に製作されているのが良くわかります。
[画像3: https://prtimes.jp/i/73892/10/resize/d73892-10-134347-16.jpg ]



■ケーブルメーカー特徴とラインナップ
1.Van Damme Cable (ヴァンダム ケーブル) 

イギリス、ヴァンダム社製のケーブルはビートルズで有名なアビーロード・スタジオが選ぶケーブルメーカーで有名ですが、今もなお、ヨーロッパを中心に大舞台でのケーブルとして選ばれ、アメリカではPRSのシグネイチャーケーブルとして発売もされています。

ケーブル品番:Pro Grade Classic XKE
ヴァンダム社ケーブルの中でもステージ向きに製作された楽器用ケーブル。
その特徴は柔らかく絡まりにくい、ローノイズ。キーボードにも適する原音に忠実なHI-FI(高再現性)サウンドが特徴です。カラーバリエーションも多く、中でも黄緑の「ビートルジュース」と明るいピンクの「ピンカーブル」はUVライト(ブラックライト)の下で蛍光色に光ります。


[画像4: https://prtimes.jp/i/73892/10/resize/d73892-10-577103-5.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/73892/10/resize/d73892-10-262216-6.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/73892/10/resize/d73892-10-875748-7.jpg ]



ケーブル太さ直径6mm
90pF/m 低静電容量
24 AWG銀メッキ無酸素銅(OFC)導体とOFCスパイラルシールド
鉛フリー、ROHS準拠、銀ハンダ



2.Sommer Cable (ソマーケーブル)
Sommer Cable Germany 1999年に設立されたヨーロッパでトップシェアを誇るケーブルブランド。
2015年にSommer Cable America が設立され、北米でも人気が拡大中。他ブランドよりケーブルは太めですが柔軟性も高く、さらにケーブル内の芯線も太く音の伝達速度が早く艶のあるサウンドが特徴。

ケーブル品番:SC-Spirit XXL
Sommer社が誇るギター、ベース向けケーブル。ドイツをはじめ各国で賞を受賞!ハイエンドで高品質。
ラインナップが多いRevelation Cableの中でも人気No.1です。
[画像7: https://prtimes.jp/i/73892/10/resize/d73892-10-530082-8.jpg ]



ケーブル太さ直径6.8mm
86pF/m 低静電容量
編組OFCシールドを備えた18AWG無酸素銅(OFC)導体
鉛フリー、ROHS準拠、銀ハンダ


ケーブル品番:SC-Corona
宅録、レコーディングに最適なハイエンドケーブル。音の伝達が高速でクリアな音質。
機材に音を取り込む際に欲しい音がしっかり取り込めます。
[画像8: https://prtimes.jp/i/73892/10/resize/d73892-10-546714-9.jpg ]




ケーブル太さ直径6.7mm
78pF/m 超低静電容量
編組OFCシールドを備えた20AWG無酸素銅(OFC)導体
鉛フリー、ROHS準拠、銀ハンダ


ケーブル品番:SC-Sprint LLX "LOW LOSS"
特徴すべきところは、LOW LOSS =低損失。楽器からだされた信号はケーブルを通じてごくわずかですが損失します。その損失をシリーズ中一番抑えたのが、このLLX(LOW LOSS)です。三木楽器のベース専門店 BASS SIDE(ベースサイド)ではこの"LOW LOSS"が一番人気です。
[画像9: https://prtimes.jp/i/73892/10/resize/d73892-10-686385-10.jpg ]

また、低損失の条件の太いケーブルを使用しながら、特殊加工で柔軟性をキープ。


ケーブル太さ直径7.2mm
52pF/m 超低静電容量(市場で最も低い静電容量を誇るケーブル)
21 AWG編組OFCシールド付き無酸素銅(OFC)導体
鉛フリー、ROHS準拠、銀ハンダ



3. Gotham Audio(ゴッサム オーディオ)
ドイツのケーブルメーカーですが、1980年代初頭からアメリカのオーディオ市場で人気を獲得したオーディオケーブルメーカー。マイクケーブルも有名です。

ケーブル品番:GAC-1 Ultra-Pro
中域が暖かでバランスの良いサウンド。エレキギターであれば、シングルP.U.は厚みがありパンチのある音に、ハムバッカーP.Uでは豊かな中域が心地よく、それでいてスッキリ音が抜ける。ベースにおいても中域に厚みを持たせ、バンドサウンドの中でもパンチのある音を求める方にはこれがおすすめです。

また、「ダブルスパイラルシールド構造」、「絶縁体とシールド&導体と絶縁体」の間に半導電性PVCを使用する特殊な形状で、ケーブルを引きずった際の静電気が元で発生するノイズを解消します。
[画像10: https://prtimes.jp/i/73892/10/resize/d73892-10-497508-11.jpg ]

[画像11: https://prtimes.jp/i/73892/10/resize/d73892-10-792904-12.jpg ]



ケーブル太さ6.3mm
70pF/m 超低静電容量
24AWG LCOF銅導体とシールド
鉛フリー、ROHS準拠、銀ハンダ

■商品詳細
名称:Revelation Cable (レベレーションケーブル)
商品名:楽器用ケーブル
長さ:10ft(約3m)・15ft(約4.6m)・20ft(約6.1m)
プラグ形状:ストレート・L型プラグ( S/S, S/L , L/L )
販売価格(税込): 6,930円~13,530円
商品詳細: https://maido.mikigakki.com/press/revelation-cable/
商品通販サイト: https://www.mikigakki.com/ec/sp?F=revelationcable

■販売店:
三木楽器梅田店
https://maido.mikigakki.com/shop/umeda/
三木楽器アメリカ村店
https://maido.mikigakki.com/shop/amemura/
三木楽器Acoustic INN
https://maido.mikigakki.com/shop/acoustic-inn/
ベース専門店 MIKI BASS SIDE
https://maido.mikigakki.com/shop/miki-bass-side/

■会社概要
商号   : 三木楽器株式会社
代表者  : 代表取締役 三木 俊彦
所在地  :〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町三丁目3番4号
設立   : 1956年(昭和31年)12月1日
事業内容 : 1)楽器・楽譜の販売
2)音楽教室の運営
3)音楽イベントの企画・制作
4)楽器修理、 ピアノ調律ほかアフターサービス
5)楽器および付属品の開発、 楽譜の出版
6)その他、 音楽/楽器関連事業
資本金  : 2億5,000万円
URL   : https://www.miki.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング