1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「Shopeeがシンガポールにおけるオンライン消費者の調査結果を発表」

PR TIMES / 2021年7月7日 17時45分

東南アジア及び台湾で最大規模のEコマースプラットフォームが1,000人以上を対象に調査を行い、シンガポールのオンラインショッピング利用者を4つのタイプに分類しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/75777/10/resize/d75777-10-3c81a15bb316d8024685-2.png ]

2021年6月4日から11日にかけて、Shopeeがシンガポールで1,000人を対象に調査を実施。調査アンケートでは、購買動機から意思決定までの消費行動について尋ねました。同調査によると、オンラインで買い物をする人にとって最も重要な要素は「価格」であり、回答者の58%が「お得な価格」を重視すると答えています。また、価格を重視する買い物客の約3分の2は男性であり、女性と比較して男性はオンラインで価格を気にする傾向があることがわかります。

また、オンラインショッピングでのエンターテイメント性を重視する買い物客も増えてており、エンターテインメント性を重視している人の3分の2以上が35歳以下でした。今ではエンターテインメント性がオンラインショッピングの鍵となっていることがわかります。

シンガポール人のオンラインショップ利用者の主な4つのタイプ:

1) 「ショップ&セーブ」:忍耐強く、決断力があり、お得な情報を探し求める

回答者の5人に2人は、「ショップ&セーブ」ショッパーとの結果が出ました。「ショップ&セーブ」ショッパーは、オンラインで購入する前に、最もお得な情報や価格を見つけることを最も優先します。そのうち57%が実は男性で、男性は女性と比べて価格を気にしないという固定観念を覆す結果となりました。このような回答者は、忍耐強く計画を立て、セールの時期に合わせて買い物をしますが、一方で気に入った商品のお買い得情報を見つけたらすぐに購入をします。

主な特徴
定期的な購入:77%が少なくとも月1回はオンラインで買い物をする。
事前計画のない購入:65%が事前計画無しで、購入をする。決断力がある:46%が購入前に検討する商品は5つ以下であり、商品の比較検討時間が短い。

2) 「ウィンドウ・ショッパー」:検討期間が長いものの、購入は衝動的に行う

回答者の15%は、商品の多様性と選択肢の多さを重視するウィンドウ・ショッパーです。「ショップ&セーブ」買い物客に比べて、「ウィンドウ・ショッパー」は、平均してより多くの商品を検討しますが、気になった商品をすぐにカートに入れる衝動性もあります。

主な特徴
多くの商品を検討:「ウィンドウ・ショッパー」の57%が、購入前に5点以上の商品を見ている。
衝動的な購入: 56%の人が、その場の気分で商品を購入する。

3) 「コンビニエンス・ショッパー」:配達の利便性を求める

多くのシンガポール人にとって、利便性は生活の中で最も重要です。調査対象の15%の買い物客が、簡単で安全という理由でオンラインショッピングを選びます。「コンビニエンス・ショッパー」の3分の2以上は35歳以上となっています。このカテゴリーの買い物客は、自分の欲しいものが決まっており、アプリの閲覧に余分な時間はかけないものの、お得な情報があった際は、よく衝動買いをします。

主な特徴
迅速な意思決定:56%が最大で5つの商品を比較て検討し、探しているものを見つけます。
買い物の積極性: 3人に1人はネット上で検索したり、販売者と直接コンタクトするなどして、商品について調べます。
頻繁な買い物: 74%の買い物客が月に2回のペースでオンラインショッピングをしており、最も頻繁に買い物をするタイプとなっています。

4) 「ゲーマー・ショッパー」:特典とエンターテイメント性を求める

シンガポール人の中には、オンラインショッピングをより楽しもうとする人もいます。調査対象となった買い物客の10%は、ショッピングをより楽しむためのエンターテイメントと様々な買い物特典を探しています。「ゲーマー・ショッパー」の3分の1以上が35歳以下であり、若い買い物客がオンラインのエンターテインメント機能や買い物特典を求めていることがわかります。

主な特徴
買い物をしながら商品を見つける:「ゲーマー・ショッパー」の半分以上が、買い物をしながら新たな商品を発見する。
商品レビュー読者:商品レビューが57%の「ゲーマー・ショッパー」の購入判断に影響を与える。

日本の越境セラーとの相性
Shopeeが改善を続ける物流サービスを活用し、日本の越境セラーはShopee上で今後より一層競争力のある価格で商品を販売することができます。そのため、今後は「ショップ&セーブ」に分類されるショッパーに有効な情報を発信することがより一層重要となります。さらに、日本直送商品を早急に届けることがShopeeの強みであり、その利便性の高さが現地消費者に歓迎されると考えられます。

また、Shopee内のマーケティングソリューションを活用し、商品露出を向上させることで、衝動的に商品を購入する「ウィンドウ・ショッパー」及び「コンビニエンス・ショッパー」の目に留まるように弊社もサポートしています。

急成長を続ける東南アジアのEC市場は日々変化を続けているものの、Shopeeは最新のトレンドを常に分析し、適切なソリューションを通じて日本セラーの進出を今後も支援してまいります。


[画像2: https://prtimes.jp/i/75777/10/resize/d75777-10-7fe37cb65b89ed805d5e-1.png ]


■ショッピージャパン株式会社 概要

Shopeeは東南アジア・台湾で最大規模のEコマースプラットフォームです。Shopeeではアジアやその他新興国市場の消費者・ブランド・販売事業者が繋がり、誰もが・いつでも・どこでも商品を売買できます。

Shopeeはシンプルかつ安全で魅力的なEコマースプラットフォームを世界中の消費者の方々に提供し、毎日何百万人もの人々がショッピング体験を楽しんでいます。簡潔な支払い・物流システムを基盤とした幅広い商品の品揃え、各市場向けにローカライズされた人気のエンターテインメント機能(ライブストリーミング・ゲーム・SNS機能)などが人気を下支えしています。Shopeeはアジア各地域のデジタルエコノミー推進に大きく貢献しており、ブランド(企業)や起業家がEコマース販売で成功できるように支援しています。

Shopeeは世界をリードする消費者向けインターネット企業であるSea Limited(シンガポール本社、ニューヨーク証券取引所(NYSE)上場)のグループ企業(子会社)です。 Shopeeに加えて、Seaの他のコアビジネスには、デジタルエンターテインメント部門であるGarena、デジタル金融サービス部門であるSeaMoneyが含まれます。 Seaのミッションは、テクノロジーを通じて消費者や事業者の生活を改善することです。

■ショッピージャパンによるサポート
東京オフィスのスタッフが日本語で出店及び売上向上のサポートしております。ご質問はDM・メールにて承ります。

Shopee Japan 公式ウェブサイト
https://www.shopee.jp/

Shopee Japan 公式Facebook
https://www.facebook.com/Japancrossborder/

Shopee Japan 公式Twitter
https://twitter.com/ShopeeJP

Shopee Japan 公式Youtube
https://www.youtube.com/channel/UC_cxGhF5vff6v7uoa9HRqqA/featured

Shopee Japan メールでのお問い合わせ
crossborderjp@shopee.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング