【1/18開催】2018年に新たな一手を!Criteo、Googleだけじゃない、ダイナミック広告活用セミナー

PR TIMES / 2018年1月10日 10時1分

まだまだ伸ばせるダイナミック広告セミナー

商品検索サービスやデータフィード生成サービスを提供するビカム株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:高木 誠司 以下:ビカム)は、2018年1月18日(木)に新年1度目となるWeb広告担当者様向けダイナミック広告活用セミナーを開催いたします。現在ダイナミック広告を活用中の方からこれから開始しようと検討中の方まで幅広く皆さまにご参加いただける内容を準備しております。



[画像: https://prtimes.jp/i/1753/11/resize/d1753-11-863413-0.jpg ]

お申し込みはこちらから
https://goo.gl/7DW2yb

■ セミナー内容

近年、データフィードを使用した広告市場が急激に伸びており、中でもダイナミック広告は高い広告効果が見込める手法として業界内でもポピュラーなものとなりつつあります。
しかし、ユーザー行動の多様化やテクノロジーの進歩に伴い広告メニューが全自動化してゆくことに疑問を抱いているご担当者様もいらっしゃるのではないでしょうか。
2018年の始まりに現在の広告運用手法を見直し、新たな一手を考える、広告運用者様向けのセミナーを開催いたします。
クッキーを元にした広告配信が多く存在する中、一切のクッキー情報を用いらずユーザーの興味関心を直ちに察知、コンテンツマッチで新規ユーザーへのリーチを可能にする 【Candy】 を提供する株式会社スリーアイズ様。
ソニーの優れたテクノロジーにより、運用者の意思を反映した自由度の高いDSP 【Logicad】 を提供するソネット・メディア・ネットワークス株式会社様。
2社をお招きいたしましてデータフィードベンダーとして300社以上の実績を持つビカムより、新規ユーザーの獲得からROAS効率の最大化を目的としたダイナミック広告活用とデータフィードの最適化について基本から成功事例を用いた運用方法までご紹介させていただきます。
データフィードの最適化ができる環境を構築し、ダイナミック広告の横展開を検討中の担当者様、お気軽にご参加ください!

■ こんな方におすすめ

・新しい広告メニューの導入を検討している
・ダイナミック広告の運用方法を見直したい
・媒体ごとのデータフィード最適化のノウハウを学びたい
・2018年新たな広告手法をチャレンジしてみたい

■ 開催概要

開催日時:2018年1月18日(木)15:00~17:00 (受付開始14:30)
会場:東京都港区三田一丁目4番1号 住友不動産麻布十番ビル3階 Becomeセミナースペース Yotta
定員:30名 ※1社2名様まで 応募数によっては抽選となる場合がございます。
参加費:無料 (事前にお申込みいただいた方のみ)
お申し込み締め切り:2018年1月15日(月) 既定数に達し次第、受付終了といたします。

■ プログラム

第一部 15:05~15:35(30分)
『データフィード活用セミナー』 ~データフィードの基本から応用まで~
ビカム株式会社 セールスディビジョン アシスタントマネージャー 江上 恵理

第二部 15:45~16:15(30分)
『ダイナミッククリエイティブ活用セミナー』 ~事例から紐とく運用とクリエイティブのノウハウ~
ソネット・メディア・ネットワークス株式会社 商品企画部 尹 智慧氏

第三部 16:25~16:55(30分)
『Candy』 ~Cookieを使わないダイナミックな商品レコメンド~
株式会社スリーアイズ セールスディレクター 千葉 弘幸氏

本セミナーではソネット・メディア・ネットワークス株式会社様、株式会社スリーアイズ様より各サービスのプロフェッショナルをお招きしサービスの概要から2018年、更に売上を拡大していく為に実施すべき広告メニューの概要に関しましてもご紹介させて頂きます。

※主催企業と事業が競合する企業からのお申し込みは、お断りする場合があります。予めご了承ください。
※当日の様子を撮影させていただく場合がございます。

お申し込みはこちらから
https://goo.gl/7DW2yb

会社概要
社名:ビカム株式会社
代表取締役:高木 誠司
設立:2005年9月
所在地:東京都港区三田一丁目4番1号 住友不動産麻布十番ビル3階
資本金:1億円
事業内容:データフィードマネジメントサービス/フィード広告運用サービス/商品検索メディアサービス
https://corp.become.co.jp/
https://www.facebook.com/BecomeJapan/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング