業界初!法事・香典返し専用お米ギフト「十二単 偲(しのび)」販売開始

PR TIMES / 2013年3月21日 12時26分

~生前の感謝をお米にこめて 喪に服した贈り物~

お米のトータルプロデュース事業を展開する京都老舗米屋の株式会社八代目儀兵衛 (所在地:京都市下京区 代表取締役社長:橋本隆志)は、業界初となる法事・香典返し専用お米ギフト「十二単 偲(しのび)」を本店では、2013年3月15日から販売開始しました。http://www.okomeya.net/gift/kouden/



■年間累計22万個販売実績のお米ギフトから法事・香典返し専用ギフトを開発


お米のトータルプロデュース事業を展開する京都老舗米屋の株式会社八代目儀兵衛 (所在地:京都市下京区 代表取締役社長:橋本隆志)は、業界初となる法事・香典返し専用お米ギフト「十二単 偲(しのび)」を本店では、2013年3月15日から販売開始しました。http://www.okomeya.net/gift/kouden/ 


「十二単 偲(しのび)」は、年間累計22万個販売実績のお米ギフト「十二単」を法事・香典返し用に新しく開発しました。「十二単」のコンセプトは料理ごとに合うお米で食事を楽しむこと。お結びや和食に最適なお米など12の料理用途ごとにブレンドしたお米が2合ずつ入っています。「十二単」を法事・香典返しの用途で使われる方からは、「風呂敷の色味を落ち着かせることはできないか?」「香典返し用のサービスはないか?」などの声が多く挙げられていました。お客様の要望に応えるため、「十二単」の法事・香典返し専用のギフトの開発に至りました。

お米と日本人の関わりは非常に深く、日本人の主食であることはもちろん、古神道や神道において神への供物としても使われていました。収穫された穀物を神に捧げる儀式である「米新嘗祭(にいなめさい)」、平安時代に確立したといわれる、収穫や豊作を祈願する「田楽」などお米にまつわる儀式は多く存在します。

お米は神聖なもの・神秘的な力が「こめられた」存在であり、そこから転じて「こめ」と呼ばれるようになりました。日本人と深い関わりにあるお米を贈ることで、食の大切さを伝え、生前の感謝をお米にこめてお届けできます。また、香典返しは先様に「不幸が起こらないように」との気持ちを込めて、後に残らないものを選ぶのが一般的。お米は後に残らず風呂敷に包んだお米を一つ一つ開きながら、故人と囲んだ食卓を思い出し偲んで頂けます。


~ 「十二単 偲(しのび) 」 商品概要~

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング