世界14万2千人が選ぶ、魅力ある業界・企業とは?-ランスタッドアワード2013-

PR TIMES / 2013年5月23日 16時17分

世界最大規模のエンプロイヤーブランド・企業魅力度調査、18の国と地域の調査結果を発表!

世界最大級の総合人材サービス会社ランスタッドホールディング・エヌ・ヴィー(本社:オランダ王国ディーメン、CEO:ベン・ノートブーム)は、働く人をひきつける「エンプロイヤーブランド・企業魅力度」を調査するランスタッドアワード2013を過去最高の世界18の国と地域で14万2千人以上を対象に実施し、調査結果を発表しました。



魅力ある業界:グローバル=情報通信・コンサルティング、自動車業界  日本=食品・飲料


世界の働き手にとって最も魅力的な業界には、2年連続して情報通信・コンサルティング(48%)、と自動車・輸送用機械(46%)が選ばれ、医薬・化学(40%)、日用消費財(39%)がそれに続きました。年代別では、25歳以上の世代にメディア、行政、日用消費財が、18~24歳の若年層には情報通信・コンサルティング、ビジネスサービス、そしてエンジニアリングが魅力的に映るようでした。カナダ、米国ではハイテク産業が世代を問わず最も人気を集め、アルゼンチンでは情報通信・コンサルティングが、シンガポールでは観光・レジャーが支持を集めました。日本では18~24歳の若年層にインターネット・コンテンツが、25歳以上の世代には食品・飲料が昨年に引き続き魅力ある業界であることが分かりました。【表1】


各国の魅力ある企業:ソニーがスペインで2位、初開催の米国ではMicrosoftが1位に!
世界を通して自国の企業が上位を占める傾向にある一方、アルゼンチンやインドのようにTop 3全て外国系企業が占める国も見られました。BMWは自国ドイツの他イギリスで3位に、Microsoftは米国とインドで1位に、そしてHewlett PackardはイタリアとインドでそれぞれTop 3にランクインし、グローバル規模で魅力度が高い結果でした。また、日系企業ではスペインでソニーが2位にランクしました。【表2】


ランスタッド・ホールディング HRグループ ディレクター Marielle de Mackerのコメント:
相応しいスキルを持つ人材を見つけ、雇用することは世界中の企業・団体にとって最重要課題であり、今後さらに重要となるでしょう。真正面からこの課題に立ち向かうために、企業・団体は自身の魅力度、そしてエンプロイヤーブランドをどうマネージメントするかの重要性に気づく必要があります。雇用主としてのブランドを強化するには、自分たちが候補となりうる人材の選択肢の中に入ること、これが最も重要です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング