イクシア、業界初の標準に準拠したOpenFlowテストソリューションを発表

PR TIMES / 2012年5月31日 19時4分

2012年5月31日

イクシアコミュニケーションズ株式会社

イクシア、業界初の標準に準拠したOpenFlowテストソリューションを発表

IxNetworkおよびIxANVL、OpenFlowプロトコルエミュレーションとコンフォーマンスをサポート

*当ニュースリリースは、米国時間2012年4月23日に発表された報道資料の抄訳に国内情報を追加したものです。

米国時間2012年4月23日発表- 統合IPおよびワイヤレスネットワークテストソリューションのグローバルプロバイダであるイクシア(本社:米カリフォルニア州カラバサス、NASDAQ:XXIA)は本日、業界初の標準に準拠したOpenFlowテストソリューションを発表しました。イクシアのIxNetworkおよびIxANVLテストソリューションは、統合されたネットワークトラフィックを用いたOpenFlowプロトコルエミュレーションを実現し、一連のOpenFlowコンプライアンステストを提供します。OpenFlow通信プロトコルは、スイッチおよびルータ・フォワーディング・プレーンに対するアクセスを一元化することで、ネットワークを簡素化します。イクシアのテストソリューションは、ネットワーク機器メーカー、サービスプロバイダ、および企業がこの新技術を実装し、プロトコル適合性の検証やネットワーク設計の調整を導入前に実施することを可能にします。このソリューションは、本年5月8日~10日に開催されたInterop Las Vegasのイクシアのブース(No.1262)で公開デモが行われ、イクシアはInteropNet OpenFlow Labに参加しました。

OpenFlowに対応したネットワークは、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)による開発に多くの可能性をもたらします。SDNではアプリケーションプログラミングインタフェース(API)を介してネットワークのコントロールプレーンにアクセスできます。Google、Facebook、Microsoft、Yahooなどの大企業がコントロールプレーンとデータプレーンを切り離すことにより実現される、特定ベンダーに依存しないネットワークプログラム機能を求めている中、この分野の活動が本格化しています。

イクシアのOpenFlowテスト環境には、IxNetworkのOpenFlowエミュレーションとIxANVLのOpenFlowコンフォーマンステストスイートがあります。IxNetworkは、新しいコントロールプレーン機能によるハードウェアベースのトラフィック生成を利用して、OpenFlowコントローラをエミュレートし、フローテーブルエントリの変更とフォワーディングテスト用のトラフィック生成が可能です。IxANVLは、スイッチプロトコルのコンフォーマンステストをするために、OpenFlow v1.0の新しいテストスイートを備えています。この中には、現在、最終案がまとめられているOF-Test 1.0仕様に沿った、Open Networking Foundation (ONF)認証に関するテストケースが含まれています。プロトコルコンフォーマンスは、マルチベンダー環境での互換性を確保するだけでなく、ONF認証を実行するためにも重要です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング