人身事故の被害に関するアディーレ法律事務所への相談が5,000件を突破

PR TIMES / 2012年5月11日 9時23分



不十分な補償や後遺症に苦しむ被害者を弁護士がサポート。
事故後の対応も弁護士に依頼する時代へ。

より身近なリーガル・サービスを目指す弁護士法人アディーレ法律事務所 (東京都豊島区、代表弁護士:石丸幸人、以下アディーレ)は、交通事故の被害に関する相談件数が5,000件を突破したことをお知らせいたします。

交通事故の被害者になってしまった際、「保険会社から提示される賠償金が少なく、満足のいく補償が受けられなかった」というケースは少なくありません。一般的に、保険会社は自社の支払基準に基づいて被害者に対する損害賠償金を算定するものです。しかし、弁護士が介入することで、裁判例の蓄積により認められている目安の金額まで賠償金を引き上げる交渉が可能であり、後遺障害の認定など、専門的な知識を必要とする手続も任せることができます。

交通事故は誰にでも起こり得るものですが、起きてしまった後の対応は広く知られているものではありません。弁護士に依頼することにより、事故の被害者は安心と十分な補償を受けることができるものと考えております。

アディーレでは、代表の石丸幸人をはじめ、TVや雑誌などで活躍する篠田恵里香など、交通事故の被害に積極的に取り組んでいる弁護士を多数抱えており、日本全国から寄せられる被害相談に対応しています。また、彼らは「日本交通法学会」や「日本賠償科学会」など交通事故に関する法学的、医学的研究を行う学会にも所属しております。

2010年には交通事故に関する専門書籍『交通事故に遭った時、あなたを救うたった一冊の本』(丸善プラネット)を出版。交通事故の被害者にとって必要となる「事故発生後の対応方法」と「適正な補償を受けるための知識」に関して、弁護士がわかりやすく解説した本書は、紀伊国屋書店をはじめ多数の書店で週間売り上げ1位を獲得いたしました。

また、交通事故の被害者のための特設サイト『交通事故被害者救済サイト』も開設し、交通事故後の対応や知識などを詳細に解説しているほか、これまで蓄積した解決事例について、事故の態様、被害者の属性、ケガを負った部位などの状況別に分類し、毎週2件ずつ紹介し続けております。

今回、人身事故の被害に関する相談件数が5,000件を突破したことは、当事務所による一連の取り組みが評価いただけた結果だと受け止めております。また、直近3ヵ月間で約1,000件のご相談をいただいており、本年8月には相談件数が6,000件に達する見込みです。アディーレでは、今後も交通事故の被害に遭われた方への対応や情報発信を積極的に進め、ひとりでも多くの被害者をご支援していく所存です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング