九州7県スマートフォン速度実測調査

PR TIMES / 2014年2月26日 10時17分

九州全7県での平均ダウンロード速度はiPhone、Androidともにドコモ優位

調査・マーケティング会社の株式会社イード(東京都新宿区 以下イード)は、九州地区7県の大学・高校86箇所、観光・レジャー・ショッピング施設60箇所、駅・空港18箇所の計164箇所において、携帯電話主要3キャリアの最新スマートフォンにおける通信速度の実測調査を実施しました。



【TOPICS】

■iPhoneのダウンロード平均速度はドコモ優位、81箇所で最速値を記録。アップロード平均速度はソフトバンクが最速値を記録。
3キャリア揃い踏みのiPhone。今回の調査で下り速度の平均値が最速だったのはNTTドコモのiPhone (23.9Mbps)でした。ドコモiPhone は全164箇所中、81箇所で下り最速を記録。最速を記録した地点は「別府大学」(大分県別府市)で64.2Mbpsでした。ドコモは164箇所中46箇所で30Mbps以上の下り速度を記録しています。なお、上り速度の平均値はソフトバンクのiPhone が最速(10.6Mbps)となっています。

■Androidダウンロード平均速度はドコモ優位、平均値29.3Mbps、最速ポイント数97箇所。アップロード平均速度はソフトバンクが優勢。
Android端末の比較では、ドコモのXperia Z1fが全164箇所中97箇所で速度1位でした。平均速度は下り29.3Mbpsでした。最速を記録した地点は「レベルファイブスタジアム」(福岡県福岡市)で92.5Mbps。ドコモは164箇所中67箇所で30Mbps以上の下り速度を記録しました。なお、上り平均速度では、ソフトバンクが平均11.0Mbpsで最速となっています。

■九州の大学・高校におけるダウンロード通信速度はドコモ優位。iPhone、Androidともに優勢。
今回の調査では九州7県の86箇所の大学・高校で測定を実施しました。ドコモはiPhone、Androidともに平均ダウンロードの最速を記録。iPhoneが23.2Mbps、Androidでは27.8Mbpsとなっています。iPhoneにおいて、86箇所中43箇所、Android端末においては、86箇所中51箇所、約6割の箇所で下り平均速度1位となりました。
各県の県庁所在地や県中央部にある大学・高校だけでなく、西九州大学・神崎キャンパス(佐賀県神埼市)など、郊外エリアにおいてもドコモは強さを発揮しています。上りの平均速度ではiPhone、Androidともにソフトバンクが1位となりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング