日本ロレアル、化粧品会社として初めて、テラサイクル ジャパン社と共同で使用済み化粧品容器を回収する独自のリサイクルシステムを導入

PR TIMES / 2014年11月17日 17時56分

今秋から「キールズ」、「メイベリン ニューヨーク」で開始、初年度で10万個の回収を目指す!



日本ロレアル、化粧品会社として初めて、テラサイクル ジャパン社と共同で

使用済み化粧品容器を回収する独自のリサイクルシステムを導入

今秋から「キールズ」、「メイベリン ニューヨーク」で開始、初年度で10万個の回収を目指す!


― 自社のほか、他社のスキンケア・メイクアップ容器を回収し、

リサイクル、アップサイクルを通じて付加価値のある新しい製品やサービスとして再利用 ―

世界最大の化粧品会社ロレアルグループ(本社:パリ)の日本法人である日本ロレアル株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長クラウス・ファスベンダー)は、テラサイクルジャパン合同会社(本社:米国 ニュージャージー州)と協力のもと、日本では化粧品会社として初めて使用済みのスキンケアとメイクアップ化粧品容器を回収し、リサイクル※やアップサイクル※を通じて付加価値のある新たな製品やサービスに再利用する独自のリサイクルシステムを導入することを発表しました。


※リサイクルとは:パッケージから原料を取り出して再利用する

※アップサイクルとは:パッケージを溶かしたり、構造を変えることなくそのまま特性を活用して再利用する


「付加価値のあるリサイクル」を推奨する業界リーダーとして、消費者とともに推進 ― 自社、他社ブランドも回収

65%以上のゴミはリサイクルできず埋め立て廃棄や焼却されており、環境への影響をもたらしています。日本ロレアルがテラサイクルジャパンと共同で導入する独自のリサイクルシステムは、リサイクルが難しいとされていた使用済み化粧品容器を回収し、付加価値のある新たな製品や寄付金として再利用する仕組みとなります。今秋から「キールズ」と「メイベリン ニューヨーク」の2ブランドで開始し、両ブランドともに、他社ブランドの空き容器も回収します。日本ロレアルは、初年度で両ブランドを合わせて計10万個の使用済み化粧品容器の回収を目指し、今後、新たなブランドへの導入を予定しています。

2001年に米国で創設されたテラサイクル社は、ロレアルグループをはじめ、100社以上の有名企業とパートナーシップをもち、世界26カ国で使用済みのパッケージや製品を回収し、新たに画期的な原料や商品として再利用する独自のリサイクルシステムで高く評価されています。

キールズのリサイクルプロジェクト“あなたと地球のきれいのために”

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング