エージェントレス検疫アプライアンス「QuOLA@Adapter」 機能連係で、LanScope Cat管理外の端末に対するセキュリティ対策を実現

PR TIMES / 2014年4月25日 15時6分

このたび、日立電線ネットワークス株式会社(以下、「当社」といいます。)は、自社開発・販売をしているエージェントレス検疫アプライアンスサーバ「QuOLA@Adapter」(クオラアダプタ)と、IT資産管理・情報セキュリティ対策ツールとして業界トップシェアを持つエムオーテックス社製「LanScope Cat」(ランスコープキャット)との機能連係を検証により確認しました。この連係により、LanScope Catエージェントがインストールされていない端末をネットワークから遮断することや、エージェントのインストールを促進するなど、LanScope Cat管理外の端末に対するセキュリティ対策を実現することができます。今後両社は、この連係ソリューションを積極的に拡販していきます。



■機能連係のメリット
LanScope Catは、端末のインベントリ収集、また端末の操作履歴を取得し、社内ネットワークの利用状況を見える化することができます。また、不正デバイス利用・Web閲覧などの不正操作に対して対策を打つことができ、IT資産管理市場9年連続トップシェア(※1)の実績を持つ業界のデファクトスタンダードです。しかしながら、端末を管理するにはLanScope Catエージェントが端末にインストールされていることが前提のため、社内の端末に対するインストールの徹底や、持ち込み端末などエージェントレスの端末管理に対して導入・運用面で課題を抱えていました。

一方、QuOLA@Adapterは、エージェントレスかつアプライアンスで検疫システムを導入できる製品で、構築・導入のハードルを下げながら、持ち込み端末のセキュリティチェック・警告・遮断を行うことができます。セキュリティパッチやウィルス対策ソフトのアップデートを徹底したいお客様に向けて、国産ならではの丁寧な開発サポート力を生かし、これまで多くの大学・民間企業に導入してきました。

なかでも、QuOLA@Adapterの必須ソフトウェア検疫機能は、管理者が業務上必須としているソフトウェアが端末にインストールされているかどうかをチェックし、インストールされていない場合には警告・遮断を実行、さらに、必須ソフトウェアをインストールするように通知メッセージで促すことができます。これらをエージェントレスで実現できることから、LanScope CatとQuOLA@Adapterを組み合わせれば、LanScope Catエージェントのインストールの有無をQuOLA@Adapterでチェックし、さらにLanScope Catエージェントのインストールも徹底する、という運用を実現できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング