独Symtavision社、SymTA/SがInfineonの自動車用新マルチコア・マイクロコントローラAURIX(TM)でECUソフトウェア開発をサポート

PR TIMES / 2012年6月22日 11時21分

2012年6月22日

株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ

独Symtavision社、SymTA/SがInfineonの自動車用新マルチコア・マイクロコントローラAURIX(TM)でECUソフトウェア開発をサポート

~InfineonとSymtavisionがマルチコアECUソフトウェアのモデルベース・タイミング設計・検証に向けて提携を強化~
------------------------------------------------------------------------

独ブラウンシュヴァイク、2012年6月19日発表 - 組込みリアルタイム・システムのタイミング設計とタイミング検証で世界をリードするSymtavision社(以下、Symtavision)は、Infineon Technologies(以下、Infineon)のマルチコア・マイクロコントローラの最新ファミリAURIX(TM)用に開発された組込みソフトウェアのタイミング設計・検証をサポートすることを発表しました。

最大3つの独立した32ビットTriCoreTM CPUを搭載するInfineonのAURIX MCUは、大幅にパフォーマンスを向上すると同時に、ISO 26262の厳格な自動車分野向け安全要件を達成しています。AURIXのモジュール式の設計とメモリアプローチは、お客様からの要望が高まっている拡張性を提供し、内蔵の暗号化技術は、次世代自動車で必要となるセキュリティ要件を満たすように設計されています。AURIXファミリは、ハイブリッド自動車や電気自動車を含むパワートレイン・アプリケーションや、ステアリング、ブレーキ、エアバッグ、先進の運転者支援システム(ADAS)などのセーフティ・アプリケーションで、理想的なプラットフォームとなっています。AURIXを使用することで、パワートレイン・アプリケーションとセーフティ・アプリケーション両方を1つのECUで制御できるようになります。

*Symtavision社 CEOであるMarek Jersak(マレック・ジェルサック)のコメント:

「自動車分野の組込みアプリケーションにおけるパフォーマンスの要件として、合理的なコストで必要な機能を実現するために、AURIXのような専用マルチコアMCUの実装が、ますます求められます。しかし、設計者が、AURIXファミリ用のソフトウェアを一から開発する場合でも、シングルコアECUから既存のソフトウェアを移植する場合でも、プロセスには何らかの興味深い、難解な問題が発生します」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング