duとの業務提携により、ドバイに新たなネットワークハブを構築

PR TIMES / 2012年12月21日 17時50分

エクイニクスはドバイでデータセンターを開設、duがdatamena中継ゾーンを提供

カリフォルニア州レッドウッドシティ、およびUAEドバイ-2012年11月20日-グローバルのインターコネクションおよびデータセンターサービスを展開するEquinix, Inc.(Nasdaq: EQIX、以下エクイニクス)とEmirates Integrated Telecommunications Company PJSC(DFM: du)は本日、中東の顧客にデータセンターサービスと相互接続サービスを提供するために業務提携したと発表しました。

本提携によって、中東地域において初めて世界品質のキャリアニュートラル・ネットワークハブが構築されることになります。通信事業者、コンテンツプロバイダー、クラウドプロバイダー、金融サービス事業者、大手エンタープライズのお客様はエクイニクスのコロケーションサービスを通じ、ドバイにおいて重要なデータ基盤の構築が可能になります。

この提携に先立って、エクイニクスはドバイで新たに建設されたデータセンターを買収しました。この新しいInternational Business Exchange(TM)(IBX(R))データセンターは総床面積約4,100平方メートルで、650ラック相当の収容スペースを提供します。2013年1月1日までに第1フェーズを完了し、オープンする予定です。エクイニクスは当データセンターの買収、改築、将来の拡張のために約4,000万USドルの投資を見込んでいます。

最近発表されたように、duはdatamenaというブランドのサービスを立ち上げています。同社ではdatamenaサービスの基盤とポートフォリオを将来にわたって強化していくために、これまでと同程度の投資をする予定です。datamenaでは通信を中継するゾーンにおいて、グローバルにビジネスを展開する顧客にコンテンツのホスティングと配信サービスが提供され、またコスト効果の高い方法でデータ容量を拡張できるようになっています。datamenaサービスは本提携におけるデータセンターのみで利用可能ですが、duはdatamena中継ゾーンだけでなく、同社の企業顧客にマネージドデータセンターサービスとコロケーションサービスも合わせて提供します。

本提携を通じて、エクイニクスとduの顧客には、アラブ首長国連邦(UAE)と同地域における市場への近接性がもたらされます。また顧客には、Platform Equinix(TM)における4,000社を超える顧客と接続できる機会が提供されます。これは、グローバル規模で拠点展開をする企業にとって大きなメリットになるだけでなく、UAEと中東地域のビジネス成長を促進します。UAEに本社を置く企業は、高い信頼性と回復力、セキュリティを備えた国内データセンターを通じて競争優位性を獲得できます。この提携によって、duはUAEにおける既存・新規の顧客層にネットワーク通信、相互接続サービス、データセンターサービスを提供できるようになります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング