ドリームキッド企画・製作の日台合作映画『南風』の公開決定のお知らせ

PR TIMES / 2014年4月10日 10時36分

当社が企画・製作しました映画『南風(なんぷう)』が 7月12日(土)よりシネマート新宿ほかで公開されることが決定しました。




当社が企画・製作しました映画『南風(なんぷう)』(製作: ドリームキッド、好好看國際影藝/配給: ビターズ・エンド)が 7月12日(土)よりシネマート新宿ほかで公開されることが決定しました。

この『南風』は、台北駐日経済文化代表処、愛媛県、台湾観光局、公益財団法人日本サイクリング協会、JTBピクチャーズから後援を頂き、台湾の製作会社好好看國際影藝と共同製作した日台合作映画です。
本作は、『千と千尋の神隠し』の舞台となったと言われる「九份(キューフン)」、台湾のベニス「淡水(タンシュエ)」、台湾三大観光地の一つ「日月譚(リーユエタン)」など、500kmにも渡る台湾サイクリングロケを敢行。ラストでは、日本で初めて海峡を横断するサイクリングロードとして有名な場所である、愛媛県の「しまなみ海道」が登場する、サイクリング・ロードムービーです。
監督は『帰郷』『神童』『コドモのコドモ』の萩生田宏治。繊細な人物描写で定評のある萩生田監督の6年ぶりの新作となります。主人公の藍子を演じるのは、『ボーイズ・オン・ザ・ラン』『横道世之介』などの黒川芽以。今年も『KILLERS』『ぼくたちの家族』と話題作への出演が続いています。そして台湾の若手女優として注目を集め、『トランスフォーマー4』でハリウッドデビューを飾るテレサ・チー(『九月に降る風』)がモデルを夢見る少女トントンを魅力的に演じています。また、当社の朱永菁の長編映画初プロデュース作品となります。

【南風の概要について】
出演:黒川芽以、テレサ・チー、郭智博、コウ・ガ
監督: 萩生田宏治/エグゼクティブプロデューサー:大和田廣樹、ワン・シーション
ゼネラルプロデューサー: 狩野善則/プロデューサー:朱永菁 /共同プロデューサー:ハン・ジェンユー
脚本: 荻田美加 /撮影監督: 長田勇市(JSC)/音楽: 「赤い靴」/共同企画: (C)森永あい/白泉社(メロディ)
企画: ドリームキッド、ブレス /製作: ドリームキッド、好好看國際影藝 /配給: ビターズ・エンド
2014年/日本・台湾/93分/デジタル/1:1.85

【ストーリー概要】
台湾でサイクリングの記事を急遽かかなければならなくなった女性雑誌編集者の藍子とモデルになることを夢見る台湾の女子高校生のトントンが出会い、言葉が通じず喧嘩をしながらも友情を育み、旅を続ける。旅の途中で台湾人のユウや日本人サイクリストのゴウと出会い、最終目的地の日月譚に向けて、一緒に旅を続けることを通して、それぞれの将来を見つける旅となる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング