ルノー・スポールがヨーロッパ以外では初となる開発テストを日本で実施

PR TIMES / 2013年4月26日 9時46分

 ルノーのスポーツモデルの開発やレーシングカーの開発・製造、レースイベントの主催などを行うルノー・スポールは、これまで車両の開発テストをヨーロッパのみで行っていましたが、この度ヨーロッパ以外で初めてとなる開発テストを、4月12日(金)から17日(水)まで、日本で実施しました。

 ルノー・スポールは、ルノーのスポーツ部門を担うビジネスユニットです。
 1976年に、ルノーのF1プロジェクトのために設立されたルノー・スポール(正式名称:ルノー・ スポール テクノロジーズ)は、その後ルノーのスポーツモデル開発、そして開発、生産したレースカーやスポーツモデルを走らせるためのイベント運営という役割も担うようになりました。
現在の活動は、大きく以下の3つです。
1. F1以外の、フォーミュラ ルノー3.5を始めとするフォーミュラカー(レースカー)、ワンメークレース用レースカー、ラリーカーの開発と製造。
2. そのレースカーの開発、製造のノウハウを活かした市販スポーツモデル「ルノー・スポール」モデルの開発や、「GT」、「GTライン」といったスポーティーモデルのチューニング。
3. これらレースカーを使ったレースイベント「ワールド・シリーズ・バイ・ルノー」の主催や、市販のスポーツモデルを存分に走らせることのできるイベント「ルノー・スポール パッションデイズ」の開催。「ワールド・シリーズ・バイ・ルノー」は、現在活躍する数多くのF1ドライバーを排出したレースシリーズとして、世界的にも注目されているレースイベントです。


 ルノー・スポールは、これまでは販売の主要な市場であるヨーロッパで開発テストを行ってきましたが、日本を始めとするヨーロッパ以外の市場の重要性の高まりを受けて、今後はヨーロッパ以外でも開発テストを実施することを決定し、その最初のテストをこの度日本で実施しました。

 今回テストのために来日したのは、以下の3名です。
フィリップ・メリメ /チーフシャシーダイナミクスエンジニア
ロラン・ウルゴン/ドイツのニュルブルクリンクサーキットで量産FF車最速タイムを記録した    テストドライバー
ジャン・カルカ  /国際マーケティングマネージャー


 テストチームは、まず4月12日(金)から14日(日)までの3日間で、東京‐京都‐大阪の高速道路、首都高速道路、街中から山道までの公道を走行し、日本の交通環境、道路環境を調査しました。
 15日(月)は鈴鹿サーキットを4時間占有しテスト走行を行い、17日(水)には15日(月)のテスト結果を踏まえた評価のためのタイムアタックを行いました。その結果、事前に設定していた基準タイムの2分34秒を上回る 2分33秒328を記録し、鈴鹿サーキットで行った初めてのテストの成果を確認することができました。
 この17日のテストには、ルノー・スポール チェアマンのパトリス・ラティも駆けつけ、日本での初のテストの模様を見守りました。ルノー・スポール チェアマンが来日するのは、今回が初めてとなります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング