サーバーワークス、AWS運用の自動化サービスCLOUD AUTOMATORと、NEC製 高可用性ソフトウェアCLUSTERPROを利用した AWS上での事業継続(BCP/DR)ソリューションを発表

PR TIMES / 2014年11月26日 11時9分

株式会社サーバーワークス(本社:東京都新宿区 代表取締役:大石 良 以下、サーバーワークス)は、NECが提供する高可用性ソフトウェア「CLUSTERPRO(クラスタープロ)」(注1)をアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)上で展開するソリューションを発表します。
このソリューションは、業務系・基幹系システムをAWSへ移行するプロジェクトが増加していることを受け、より高い可用性要件、および事業継続(BCP/DR)をAWS上で実現するものです。



【AWSのリージョンをまたいだ冗長構成のシナリオ】
AWSの本格利用が進むにつれて、AWSが標準で提供する同一リージョン内での冗長構成(Multi-AZ)を組んだり、より万全を期すためにリージョンをまたいだ冗長構成にするといったシナリオを検討するケースが増加しております。

当社ではこうしたニーズに応えるため、NECが提供するCLUSTERPROと、当社が提供するAWS運用の自動化サービス「CLOUD AUTOMATOR」とを組み合わせ、リージョンをまたいだ冗長構成を、最適な費用で簡単に実現できるソリューションをご提供いたします。

<本ソリューションの革新性>
通常、冗長構成をとる場合、稼動系及び待機系の両系を起動させたままである事が前提となります。そこで、CLOUD AUTOMATORを使用することにより「予め設定されたスケジュールに従い、同期を行うタイミングだけ待機系を立ち上げる」ことが実現できるようになりました。これにより、使用しない時間帯にサーバーを停止させ、コスト効率の良いリージョン間の冗長構成が可能になります。

<お客様のメリット>
(1)同期を行うタイミングをCLOUD AUTOMATORで指定できることにより、災害対策(DR)で計画が必要となるRPO(目標復旧時点)をユーザー自身が簡単にスケジュールすることができるようになります。
(2)必要なリージョン間のデータ同期が差分で実現できるようになります、AWSが有する全世界11カ所のリージョンを有効に活用し、複数のリージョンにまたがる災害対策を現実的なパフォーマンスで実現することができます。

【イメージ図】


当社では、本ソリューションにより今後3年で150社、5億円の売上を目標としています。

なお、NECおよびサーバーワークスは、本ソリューションに関するセミナーを2014年12月15日(月)にアマゾン・データ・サービス・ジャパン株式会社本社にて開催致します。本セミナーの詳細につきましては、
https://ww.serverworks.co.jp/seminar/info20141215 からご確認ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング