キャンピングカーユーザーの買い替え需要に高額車への関心が高まる

PR TIMES / 2014年2月3日 13時25分

「車中泊車」としてのキャンピングカーに注目する人も増加

キャンピングカーユーザーの買い替え需要などを調べた結果、最近のキャンピングカーユーザーが高額商品への乗り換えを希望していることが判明しました。また一般の乗用車で車中泊をしていた人々がキャンピングカーの機能に対する関心を深めていることも分かりました。



■ 買い替えには、より高額なキャンピングカーを望む傾向が顕著
 キャンピングカーユーザーが現在乗っている車両を購入したときの価格帯を当協会にて調査してみたところ、400万円台(15.8%)を中心に、その上の「500万円台」と「600万円台」という価格帯に回答が集中し、その3回答で半数に迫る43,5%を占めました。これはキャンピングカー白書(2012年版)においても同様の傾向を示しており、これまでのユーザーの車両購入価格は“500万円前後”というところが一つの指標になっているようです。


 また、今回の調査では、既にキャンピングカーを持っている人たちが、次に買い替える場合、どれくらいの価格帯のものを検討しているかを調べてみました。
 それによると、800万円台(10.8%)をトップに、500万円台、700万円台と比較的高額な車両への関心が高まり、なかには1,000万円超えの車を買いたいと思っている人が2割を超えることが判明しました。


 このように、多くのキャンピングカーユーザーは、現在乗っている車よりも高額の車に憧れているようですが、実際に今の車と買い替えるかというと、76.3%の人が「諸所の事情により踏ん切りが付かない」と答えています。


 ただ、「購入する方向で、車庫事情や購入条件などを検討中である」という回答が12.3%を獲得。「購入する意志を固めている」と答えた人も11.4%もいて、2割を超える人々がすでに次のキャンピングカー購入の準備を進めているようです。


■ キャンピングカーの室内の広さ、断熱性の高さに対する認識が広まる
 また、一般の乗用車による車中泊を経験してからキャンピングカーを購入した人たちの意見も調べてみました。
 まずキャンピングカーを使用する前にどのようなタイプの乗用車で車中泊をしていたかを尋ねたところ、いちばん多かったのは「ミニバン」という答で、43%を占めました。その次に「ワゴン」(22.9%)が入り、以下「貨物車・バン」(9.1%)、「軽自動車」(8.8%)という順に続きました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング