子どもたちの教育を支援する ソフトトイキャンペーンの季節がやってきました!

PR TIMES / 2013年11月21日 13時16分



IKEA Foundationは、毎年行うソフトトイキャンペーン「ソフトトイで教育の機会を」を通じて、
Save the Children(セーブ・ザ・チルドレン)と UNICEF(ユニセフ)が実施する教育プログラムに資金を提供し、
開発途上国の子どもたちを支援しています。

2013年11月1日から2014年1月4日までのキャンペーン期間中、
ソフトトイ1個または絵本1冊をご購入いただくごとに、
IKEA Foundationは1ユーロをUNICEFとSave the Childrenが世界中で展開する教育プログラムに寄付します。

ソフトトイキャンペーン「ソフトトイで教育の機会を」の目的は、開発途上国の厳しい生活環境の中で暮らす子どもたちに質の高い教育を提供することです。
キャンペーンが開始された2003年以来、ソフトトイキャンペーンの寄付金総額は5700万ユーロに達しています。
この寄付金は、46カ国の1000万人以上の子どもたちに、質の高い教育を受ける機会を提供するために使われています。

今年新たにイケアのソフトトイシリーズに加わったのは、絵本に登場する下記のキャラクターです。
・LUFSIG/ルフスィッグ ソフトトイ オオカミ
・NOJSIG/ノイスィッグ お姫さまとGULLGOSSE/グルゴッセ 王さま
・KRULLIG/クルーリグ エルフ
・SANGTRAST/ソングトラスト 魔法のステッキを持った妖精


本を読みたいと思う気持ちが教育への扉を開きます。

イケアは毎年、ソフトトイキャンペーン「ソフトトイで教育の機会を」の一環として、ソフトトイのキャラクターが登場する絵本を出版しています。
今年の絵本「おひめさまとしあわせなきもち」では、主人公のお姫さまとともに子どもたちは、幸せは自分のすぐそばにあると学ぶことでしょう。
この絵本は、子どもの本に与えられる数々の賞を受賞しているスウェーデンの作家Ulf Starkが文を、Silke Lefflerが絵を担当しています。

【教育を支援する - 力を合わせて】

「この11年間で、何百万人もの子どもたちが質の高い教育から恩恵を受けることができました。
これはIKEA Foundationの惜しみない (または、あたたかい)ご支援と世界中のイケアのお客さま、そしてコワーカーのご協力のおかげです。
UNICEFはこれからもイケアとともに活動を続け、すべての子どもたちに学校に通う機会を与え、教育の質を改善し、
さらに数百万人の子どもたちによりよい未来を切り開くチャンスを与えられることを期待しています」
(Leila Pakkala、Director of Private Fundraising and Partnerships、UNICEF)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング