チームラボ、高さ10m、解像度5Kの新作『憑依する滝』を、堂島リバービエンナーレ(開催地:大阪)で発表

PR TIMES / 2013年7月16日 17時2分

堂島リバーフォーラム(大阪)にて、『堂島リバービエンナーレ2013- Little Water』展が開催。チームラボは高さ10m、解像度5Kの新作デジタルアート作品「憑依する滝 / Universe of Water Particles」( http://www.team-lab.net/latest/exhibitionlist/dojima2013.html )を発表。2013年7月20日(土)~8月18日(日)まで。



堂島リバーフォーラム(大阪)にて、『堂島リバービエンナーレ2013- Little Water』展が開催されます。台湾在住のアートコレクターで、森美術館の国際委員も担当するルディ・ツェンがアーティスティックディレクターを務め、アジア諸国や欧米の全28作家を招聘。チームラボは高さ10m、解像度5Kの新作デジタルアート作品「憑依する滝 / Universe of Water Particles」を展示します。期間は2013年7月20日(土)~8月18日(日)まで。


作品動画:

http://www.youtube.com/watch?v=0_4dHywx7OQ

作品事例:
http://www.team-lab.net/latest/exhibitionlist/dojima2013.html

作品ページ:
http://www.team-lab.net/all/pickup/uowp.html


▼出品作品
≪憑依する滝 / Universe of Water Particles≫

まず、コンピュータ上の仮想空間に岩石の空間をつくり、その岩石に水を流し込み、仮想空間上に滝をシュミレーションする。水は、無数の水の粒子の連続体で表現し、粒子間の相互作用を計算、滝を物理的に正確な水の運動シミュレーションとして構築する。

そして、全体の水の粒子の中からランダムで0.1%の水の粒子を選び、その水の粒子の挙動によって、空間上に線を描く。その線の集合で、この作品の滝はできている。

つまり、無数の線の裏側には、その1000倍もの水の粒子が存在し、それら全体の相互作用によって、線の曲線が決まっているのだ。

そして、3次元空間上に立体的に描かれた無数の線を、我々が考える日本の先人達の空間認識の論理構造によって映像作品にしている。

今回は、FHD(フルハイビジョン)の5倍の解像度である5Kの解像度によって、超微細まで描いた映像作品として、表現した。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング