「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2014」ノミネート作品決定!11/2(日)授賞式・トークイベント開催

PR TIMES / 2014年10月20日 12時28分

SNSでユーザーが参加しノミネート作品を選考。「リノベーションEXPO JAPAN2014」で住宅媒体編集者7名がグランプリを選考。

 一般社団法人リノベーション住宅推進協議会(東京都渋谷区・会長 内山博文)は、2014年を代表する魅力的なリノベーション事例を選ぶコンテスト「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2014」(選考委員長:リノベーション住宅推進協議会 プロモーション委員会 委員長 島原万丈)のノミネート作品45作品を、エントリー数130作品の中から決定しました。総合グランプリ、部門別最優秀賞、特別賞の選出は選考委員による審査を経て、11月2日(日)に結果発表と授賞式を、渋谷区神宮前にて行います。また、住宅媒体編集者である選考員によるクロストークを開催し、リノベーションの「今」と「今後」の潮流を探ります。





■リノベーション・オブ・ザ・イヤー2014

 本コンテストでは、リノベーションの楽しさ・魅力・可能性という点にフォーカスし、消費者にとって関心が高い項目のひとつである施工費で分類し、4種類の価格帯別(500万円未満、800万円未満、800万円以上、無差別級)にノミネート作品を選びました。ノミネート作品選考には、SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)を活用し一般ユーザーの声を取り入れ、最終選考は新聞や雑誌など住宅系媒体編集者からなる選考委員が審査を行います。

 なお、ノミネート作品45作品は、10月25日(土)~11月3日(月・祝)に開催される「リノベーションEXPO JAPAN2014」で展示されます。リノベーション住宅推進協議会では、本コンテストを通して、リノベーションの楽しさ・魅力・可能性を発信し、リノベーション住宅への理解・普及・浸透を目指してまいります。


【結果発表・授賞式、クロストーク 開催概要】

日時:11月2日(日)19:00~|結果発表・授賞式(総合グランプリ、部門別最優秀賞、特別賞)、クロストーク
場所:東京都渋谷区神宮前1-9-12 ロイスダールビル2F THE SAD CAFE STUDIO
出演(敬称略・写真は左から記載順)

・選考委員長
  島原 万丈 リノベーション住宅推進協議会 プロモーション委員会 委員長
・選考委員※五十音順・敬称略
  安達 功 日経BP 社 建設局プロデューサー
  池本 洋一 株式会社リクルートすまいカンパニー SUUMO編集
  石川 歩   株式会社ネクスト HOME'S 「暮らしといっしょ」編集
  君島 喜美子 株式会社扶桑社 リライフプラス編集者
  坂本 二郎 株式会社第一プログレス LIVES編集長
  徳島 久輝  iemo株式会社 iemo編集長

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング