京都天橋立の和食レストラン『天香(そらのかおり)』が、地元10漁港から厳選食材を直仕入れ

PR TIMES / 2015年5月29日 19時32分

手のひらほどもある大とり貝をはじめ、のどぐろやぐじ(甘鯛)、岩牡蠣、金樽いわし、伊根ぶり、宮津あわびなど丹後ブランドの高級海産物、40キロ超の黄金クエや、4~8キロ超のトラフグまで激レア食材の宝庫

株式会社グランシーズが運営する“経営会議ドットコム”では、京都天橋立にある和食レストラン『天香(そらのかおり)』が地元10漁港から直接仕入れた激レア食材を紹介しています。



海が目の前にあり、都会とは違う時間が流れるマリントピアリゾート( http://www.premium-marinetopia.jp/)の広大な敷地の中、感動とともに心に美しく残る料理をテーマに掲げ『天香(そらのかおり)』は2013年10月に誕生しました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/13384/11/resize/d13384-11-764566-3.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/13384/11/resize/d13384-11-158878-1.jpg ]



自家農園で収穫する無農薬野菜、丹後ならではの新鮮な魚介類、自家製の調味料など天然食材にこだわり、和食の技術と西洋の革新性の調和から生まれる美しくも多彩な料理は、ここでしか味わえない進化した丹後ガストロミーとして、地元のみならず県外からも優良な評価を得ることが出来ております。

店内には象徴的ともいえるイケスと大型カウンターを設え、臨場感あふれる料理と会話を楽しむ事が出来ます。空間演出として光の柔らかさを配した5つの個室は心地良いひとときをお過ごし頂くプライベートの場所として、また開扉する事で様々なシーンでのご利用が可能となっております。

[画像3: http://prtimes.jp/i/13384/11/resize/d13384-11-492514-4.jpg ]

[画像4: http://prtimes.jp/i/13384/11/resize/d13384-11-869037-2.jpg ]



天香(そらのかおり)では、手のひらほどもある大とり貝をはじめ、のどぐろやぐじ(甘鯛)、岩牡蠣、金樽いわし、伊根ぶり、宮津あわびなど丹後ブランドで有名な高級海産物に加え、40キロ超の黄金クエや4~8キロ超のトラフグ、鬼海老、丹後毛ガニ(メス)など地元の住民でも口にしたことがないような珍しいレア食材を積極的に取り扱います。また冬季には一万匹に一匹という黄金ガニや幻と呼ばれる間人ガニを扱っており、特に間人ガニは水揚げされた物を直送でイケスに泳がせますので、目の前でさばきたての新鮮なカニをお召し上がり頂けるのが魅力です。

[画像5: http://prtimes.jp/i/13384/11/resize/d13384-11-817934-0.jpg ]



循環型エコファームの無農薬野菜は身体に優しいだけではなく心から美味しいと思える丹後のリアルフードとして育てており、一般流通しない野菜、特に栄養素が高く味の深いマイクロ系を多く栽培しております。中でも農園の章姫いちごをふんだんに使った自家製のデザートや無添加ジャムは高い人気商品です。 女性杜氏で有名な向井酒造など、古くから酒どころの名地である丹後の7つの蔵元より辛口系を中心にした地酒や酒蔵より始まった有名ワイナリーで作る当店のオリジナルワインから5大シャトーのビンテージ、プレステージシャンパンを取り揃え、料理とのマリアージュを提唱。ヨーロッパからのオーガニックドリンクもご用意致しております。

一つ一つに心を込めた、一期一会のお料理とおもてなしをお楽しみ下さい。


京都天橋立の和食レストラン『天香(そらのかおり)』は、経営会議ドットコムのこちらのページでもご紹介しています。
http://yts.jp/article/0123/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング