車の死角を極限まで軽減。広角カメラを前後に搭載し水平・垂直360°に対応した全天球録画ドライブレコーダー新発売。

PR TIMES / 2020年11月12日 19時45分

最新モデル・全天球録画ドライブレコーダー「AN-R090」発売のお知らせ

慶洋エンジニアリングは、好評頂いております360°カメラ搭載ドライブレコーダーの最新上位機種として、広角カメラを前後2つ搭載し、死角を極限まで軽減した720°ビューシステム・全天球録画ドライブレコーダー「AN-R090」を発売致します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/39659/11/resize/d39659-11-759098-10.jpg ]


今までの360°タイプを更に進化させた、最新式・全天球720°VIEWドライブレコーダーです。広角CMOSイメージセンサーカメラを前後に2つ配置し、前方だけでなく後方もしっかり録画。車内からの死角を極限まで軽減させております。

[画像2: https://prtimes.jp/i/39659/11/resize/d39659-11-157564-9.jpg ]


2.0インチのタッチパネル液晶搭載で、各設定も簡単に操作し易くしております。

[画像3: https://prtimes.jp/i/39659/11/resize/d39659-11-754364-4.jpg ]



また、お手持ちのパソコンでWindows専用ビューアを使うことによって、録画した映像を720°フルに確認できる「VRモード」に対応。好きな角度の動画を確認できます。*VRモード対応は専用ビューアのみ


[画像4: https://prtimes.jp/i/39659/11/resize/d39659-11-426528-3.jpg ]


<特徴>
◎広角カメラを前後2つ搭載し、前後デュアル撮影に対応し死角を極限まで低減
◎ワイドダイナミックレンジ(WDR)対応で夜間もハッキリ
◎2.0インチタッチパネル搭載で操作がとてもしやすい
◎GPS搭載でマップと連動し、位置や時刻だけでなく、走行軌跡や速度も確認可能
◎Gセンサー搭載で、専用ビューアにて走行時の衝撃も確認できます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/39659/11/resize/d39659-11-806314-2.jpg ]


<主な仕様>
◆カメラセンサー:CMOSイメージセンサー 約600万画素
◆記録画角:水平360°×垂直360°(2つのカメラ画像を合成時)
◆録画サイズ:3840×1920
◆フレームレート:24fps
◆画面サイズ:2.0インチタッチパネル
◆電源電圧:DC12/24V
◆本体サイズ:約幅117×高さ52×厚さ50mm(ブラケット装着時:高さ約50mm)
◆重量:約142g(ブラケット除く)
◆JANコード:4545708003459
◆発売予定:2020年11月13日より順次販売開始
◆想定売価:29,800円(税抜)


[画像6: https://prtimes.jp/i/39659/11/resize/d39659-11-284281-8.jpg ]


<別売オプション>
◎後方を更に詳細に録画できるAN-R090専用リアカメラを別売でご用意
◆型番:OP-011CMR
◆JAN:4545708003497
◆想定売価:9.980円(税別)

★全国のイエローハット様各店舗で11月13日より順次販売開始!!!

<製品URL>
http://www.keiyoeng.co.jp/download/catalog/AN-R090.pdf

<商品動画URL>
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=1-YZVF-zTBA ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング