ビジネスの駆け込み寺アプリ「GIRON」、海外ユーザー増加で英語言語に対応開始

PR TIMES / 2019年9月30日 9時0分

東南アジアを中心に増加する海外からのビジネス相談・助言投稿に対応し、UIを改善

ビジネスSNSのスタートアップ企業、株式会社GIRON(本社:東京都渋谷区、代表取締役:粟津 裕行、平田 和也、近藤 優実)が運営するGIRONアプリにおいて、ベトナム、タイなど東南アジアを始めとする海外ユーザーの増加に対応し、2019年9月30日より言語対応に英語を追加いたします。



■対応言語追加の経緯
 2019年4月アプリサービス開始時の言語対応は日本語のみでしたが、7月より海外からのインストールが想定を上回って増加し、獲得インストールの海外比率は全体の約2割を占めるようになりました。
 特にベトナム、タイ、フィリピン、インドネシア、マレーシアなど東南アジアからの流入が多く、日本からの駐在員、日本語対応が可能な現地ビジネス・パーソンに利用されています。この度、東アジアを始めとした世界各国のビジネス・パーソンに対して、GIRONアプリをご利用いただきやすい環境を整えるため、UIにおける英語への言語対応を実装いたしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/41824/11/resize/d41824-11-671171-2.png ]

■GIRONとは
 知識・知見に対してリワード(投げ銭)される新しいビジネス特化型のSNSです。スマホで相談案件を投稿、他ユーザーと議論することが可能で、ビジネスにおける課題や悩みをアプリ内でオープン化することによって、タイムリーに外部から知的資源を得ることができます。知見・知識を付与してくれたユーザーには、相談案件の投稿者や運営より、アプリ内で購入・使用できる「Gコイン」が貢献に応じてリワードされます。
 リリース5ヶ月間を経過した現在、既に約500件のビジネス相談がGIRONアプリに投稿されており、国内外の新規ビジネスの相談やアイデア募集、就職活動の相談、キャリア形成に関する内容などビジネス領域で多種多様な案件が議論されています。
 GIRONは、ユーザーの持つ知見・知識が他ユーザーの課題に貢献し、新たな価値創造に繋がる場を提供することで、ビジネス社会に貢献したいと考えております。今後も日本のみならず、アジアグローバルで「人智の可能性」を広げることをミッションに掲げ、サービスを展開して参ります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/41824/11/resize/d41824-11-759686-3.png ]




















■GIRON アプリ概要
価格 : 無料(一部App課金有り)
互換性: iOS 11.0以降に対応
URL : https://official.giron.biz

(4)会社概要
社名 :株式会社GIRON (GIRON INC.)
本社 :東京都渋谷区道玄坂2-18-11
代表者:代表取締役CEO 粟津 裕行
    代表取締役COO 平田 和也
    代表取締役CTO 近藤 優実
設立 : 2019年1月
事業概要: ビジネス・コミュニケーションアプリの開発、及び企画運営
URL : https://official.giron.biz
[画像3: https://prtimes.jp/i/41824/11/resize/d41824-11-260620-1.png ]





































企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング