NECネッツエスアイ、「ニューノーマル時代の働き方・ビジネス」の実現に向けデジタルアダプションプラットフォーム『WalkMe』を採用

PR TIMES / 2021年2月8日 11時45分

営業のデジタルトランスフォーメーションのプラットフォーム構築実現に向け、デジタルツールの「ユーザー定着化」を促進

世界初のデジタルアダプションプラットフォーム (DAP)を提供しているWalkMe株式会社(代表取締役社長 道下 和良、 東京都港区、 以下 WalkMe)は、NECネッツエスアイ株式会社 (本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長 牛島 祐之、以下 NECネッツエスアイ)が「ニューノーマル時代の働き方・ビジネス」(※)実現のため、デジタルアダプションプラットフォーム「WalkMe」を採用したことをお知らせします。



[画像: https://prtimes.jp/i/48459/11/resize/d48459-11-419101-0.png ]


NECネッツエスアイは社会課題に必要なソリューションを実践、共創し、その体験を提供したいという考えに基づき、自社のセールスプラットフォームにSalesforceを活用し、営業のデジタル化を推進しています。
ニューノーマル時代における営業のデジタルトランスフォーメーションを実現させるため、1,000名を超える全営業部員が一定水準でSalesforceを使いこなすようになるためにはデジタルツールの「定着化」が不可欠となります。今回、SalesforceとWalkMeを連携させることで、複雑なツールをシンプルに誰でも使い倒すことが可能となるだけでなく、SaaS活用の前提となる「アダプション(定着化)」を実現し、DXを加速することができるという評価のもと、WalkMeを採用いただきました。

(※)「ニューノーマル時代の働き方・ビジネス」の実現に向け、NECネッツエスアイは、緊急事態宣言全面解除後の新常態(ニューノーマル)と、その先の持続可能な社会を見据え、お客さまとともに新たな価値創造を目指す「ニューノーマル宣言」を策定し、顧客の事業に寄り添うパートナーとしてビジネス開発を加速・牽引し、コミュニケーションで創る包括的で持続可能な社会の実現に向けて邁進しています。

■デジタルアダプションプラットフォーム(DAP)「WalkMe」の提供価値
WalkMeのDAPにより、あらゆるソフトウェア、ウェブサイト、またはアプリの操作をシンプルにし、利用の定着化を促進します。ユーザーが行いたい業務や目的に沿ったステップ・バイ・ステップの操作ガイダンスの提供により脱トレーニングや脱マニュアルを実現し、プロセスの自動化により業務の生産性を向上します。WalkMeはテクノロジーから人に寄り添うアプローチで誰もがデジタルを簡単に利用可能とするデジタルアダプションを通じて、真のデジタルトランスフォーメーションの成功に貢献します。

■WalkMe株式会社について
WalkMeは2011年に設立され、世界初のデジタルアダプションプラットフォーム (DAP)を提供しています。あらゆるソフトウェア、モバイルアプリやWebサイトにおいてユーザーの活用と定着化を促す、ガイダンス・エンゲージメント・オートメーション・インサイト機能を提供しています。これによりお客様のDXの成果を最大化します。世界2,000社を超える企業(うち約30%はFortune 500に名を連ねる企業)に対し、ユーザーアダプション促進とDXの成功を実現しています。2019年2月にWalkMe株式会社を設立。

・社名:WalkMe株式会社
・代表取締役社長:道下和良
・URL: https://www.walkme.co.jp

■本件についてのお問い合わせ先
WalkMe株式会社
TEL:03-4590-7820
E-mail : japan@walkme.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング