日本交通株式会社のキッズタクシーに チャイルドシートを協賛

PR TIMES / 2012年8月3日 19時19分



シートベルト、エアバッグ、チャイルドシートなどの自動車用安全システムを提供する専門メーカー、タカタ株式会社(社長:高田重久 本社:東京都港区、以下タカタ)は、日本交通株式会社(社長:川鍋一朗 本社:東京都北区、以下日本交通)のキッズタクシーにチャイルドシートを協賛します。

日本交通のキッズタクシーは、子どもの為の送迎サービスで、産院退院時や学校・塾・自宅間を送迎します。 担当の乗務員は日本交通でも特に選ばれた乗務員で、小児MFA(救命救急法メディック・ファーストエイド)プログラムなどの有資格者です。当初、子どもを送迎する際に使用していたチャイルドシートは、メーカー、型式もバラバラで、取り付け方法の習得だけでも、苦労しているような状態でした。 交通事故の犠牲者ゼロを願うタカタは、子どもを安全に送迎するキッズタクシーの趣旨に賛同して、チャイルドシートの協賛を始めました。現在は、キッズタクシー全車輌に最新の安全基準に適合したタカタのチャイルドシートが用意されています。担当乗務員向けには、タカタの、NHTSA(米国運輸省道路交通安全局)認可チャイルドシート取り付け技術資格取得者によるチャイルドシート講習会も実施済みで、この度日本交通が購入したプリウスワゴンには、2011-2012年度チャイルドシートアセスメントで最高評価を獲得したISOFIX対応チャイルドシート「takata04-ifix」が用意されています。

タカタは、チャイルドシートの着用率向上と、正しいチャイルドシートの装着を促す啓発活動を行ってまいります。
クルマのあらゆる乗員と、それを取り巻く社会全体を見据え、タカタの夢である「交通事故の犠牲者がゼロになる日」の実現に向けて、これからも自動車の安全システムを追求し続けてまいります。



【キッズタクシーお問い合わせ先】
日本交通株式会社 営業統括 TEL 03-6271-0766



■会社概要
・会社名:タカタ株式会社
・創業:1933年
・本社住所:東京都港区赤坂2-12-31
・代表者:代表取締役社長 高田重久
・資本金:41,862百万円(2012年3月時点)
・連結売上高:382,737百万円(2011年4月~2012年3月)
・従業員:36,858人(2012年3月時点) ※連結ベース
・グローバル生産拠点:日本・アジア・欧州・米州で、20カ国 53工場(2012年3月時点)
・事業内容:シートベルト、エアバッグ、ステアリング・ホイール、トリム
チャイルドシート等の製造販売



ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。





企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング