【fabcross調査】日本の将来を担う2014年新卒から5年目までの若手エンジニア500人の意識調査を実施

PR TIMES / 2014年5月14日 10時49分

憧れのエンジニアは、『本田宗一郎』がトップ! 目指すエンジニアキャリアは、専門分野を極めるよりも様々な分野に携わること。 作ってみたい物は自動車、ロボット、ロケット、世の中に役立つもの 。

日本経済新聞社が2014年4月20日に発表した、2015年春の採用計画調査の結果によると、理工系の大卒新卒採用計画は2014年、15年ともに増加傾向。近年は成長分野に重点的に採用人数を充てる企業が多い傾向がある中で、理工系(大卒)の採用計画が文系を上回っていることから、日本の企業がエンジニアとなる人材の採用に積極的であることが伺えます。
この様に、今後の日本経済の成長の鍵を握るとも考えられる新卒・若手エンジニアに対して、4月の入社シーズンに、エンジニアとしてのキャリアの考え方や、憧れのエンジニア・技術者、携わりたい分野などについて聞きました。
結果詳細:https://fabcross.jp/topics/research/20140514_young_research.html



【調査結果サマリー】

◎『憧れのエンジニアは「本田宗一郎」が1位 職場の上司や先輩を挙げる人も多数』
・著名なエンジニアや技術者などの中で、理想・憧れとするエンジニアを聞いたところ、第1位はホンダ創業者の本田宗一郎が挙がった。第2位には、発明の父トーマス・エジソン、3位にスティーブ・ジョブズ、4位に僅差で松下幸之助と続いた。
・この質問に対しては、著明な人ではなく「職場の上司・先輩エンジニア」「父」「大学の教授・指導教官」を挙げる人も見受けられた。


◎『目指すキャリアパスは「生涯エンジニア」がトップ、キャリアタイプはゼネラリスト型が60%』
・エンジニアとして理想のキャリアパスについて聞いたところ、「生涯エンジニア」と答えた人が最も多く33.7%、次いで「エンジニアを極め、将来管理職にステップアップ」が33.1%だった。合計66.8%の若手が、現場/マネジメントと違いはあれエンジニアとしてものづくりに関わる意向を持っていることが分かった。
・2014年新卒者では47.8%が「エンジニアを極め将来管理職へキャリアアップ」を志望しており、堅実な傾向がうかがえる。
・一方、なりたいと思うエンジニアのキャリアタイプについて、「様々な分野に携わるゼネラリスト型」と「1つの専門分野を極めるスペシャリスト型」のどちらに近いか聞いたところ、ゼネラリスト型を「最も近い」が26.2%、「どちらかと言うと近い」が34.0%となり、60.2%がゼネラリストの意向をもっている結果となった。
・2014年新卒者では「どちらかというとスペシャリスト型」が31.3%を占めやや高めとなった。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング