リアルネットワークス、『Hao123(ハオいち・に・さん)』へ 動画配信・コンテンツ・広告をオールインワンで提供開始

PR TIMES / 2014年11月17日 17時0分

日本市場での「パブリッシャープログラム」本格稼働へ

リアルネットワークス株式会社は、バイドゥ株式会社が運営するナビゲーションサイト『Hao123(ハオいち・に・さん)』の動画コーナー『Hao123 Video』にて、エンターテインメント、ライフスタイル、ニュース及び情報系の動画コンテンツをリアルネットワークスの RealPlayer Cloud を通じて提供します。

リアルネットワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:張浩)は、バイドゥ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 駐日首席代表:張 成焕 以下、バイドゥ)が運営するナビゲーションサイト『Hao123(ハオいち・に・さん)』(http://jp.hao123.com/)へ動画配信を開始致します。

本日より、『Hao123』の動画コーナー『Hao123 Video』にて、エンターテインメント、ライフスタイル、ニュース及び情報系の動画コンテンツをリアルネットワークスのRealPlayer Cloudを通じて提供します。本取り組みは、本年7月より開始している「パブリッシャープログラム」と呼ばれるサービスモデル(後述)の第二弾となります。

「パブリッシャープログラム」の概要と特徴は以下の通りです。

RealPlayer Cloud上で展開する公式動画チャンネルは、動画コンテンツに対して正当な所有権、或いはライセンスを保有していることが前提になります。
パブリッシャープログラムでは、パブリッシャーとコンテンツ提供者、双方の同意を経て動画配信をスタートさせる「ハンドシェーク(Handshake)プロセス」を採用しています。これにより、パブリッシャーは安心して質の高い動画コンテンツを配信する事ができます。
何らかの事情により、パブリッシャーもしくはコンテンツ提供者の何れかがハンドシェークを解除すると、動画コンテンツの配信は自動的に停止されます。
RealPlayer Cloudに参加する動画チャンネルは順調に増えており、現在160以上の公式動画チャンネルが開設されております。パブリッシャーに配信される動画コンテンツも今後更に増える見通しです。


現在「パブリッシャープログラム」は業界大手の動画広告ネットワーク4社と契約しており、動画再生のエクスペリエンスを崩すことなく、動画広告収益を最大化できる広告配信ロジックで、パブリッシャーとコンテンツ提供者に収益還元しています。現時点で、リアルネットワークスとパートナー契約をしている企業と動画広告ネットワークは、以下の通りです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング