LPGAツアーチャンピオンシップ リコーカップ 女子プロゴルファーの環境活動

PR TIMES / 2014年11月25日 10時5分

*女子プロゴルファー及びギャラリーみんなが一丸となって地球規模の環境保全!!

2014年11月27日(木)より宮崎市で開催されるリコーカップは,
今年も“自然・感動・ふれあい”をコンセプトに大地と一体化した大会運営を目指しています。
その1.環境省が推進するCO2削減運動「WARMBIZ」に協力!
その2. 大会期間中の選手たちのスコアに応じて、リコーがアフリカの大地に植樹。「Plant a tree for Africa」
その3.開催地である宮崎の緑化推進機構が推進する緑化活動への協力。「 グリーンチャリティ」






LPGAツアーチャンピオンシップ リコーカップ(2014年11月27日~11月30日 宮崎カントリークラブ)では、環境への取り組みを一層強化します。
例年行っている環境省が推進するCO2削減運動WARMBIZ(ウォームビズ)の普及啓蒙活動、宮崎緑化推進機構が行う緑化活動への協力はもちろんのこと、女子プロたちの大会中のスコアに応じてリコーがアフリカの大地に植樹する試み”Plant a tree for Africa"を行います。

~各活動の詳細~
【ウォームビズ宣言】
リコーカップでは、環境省が推進するCO2削減運動WARMBIZ(ウォームビズ)の普及啓蒙活動に大会運営を通じて今年も積極的に取り組みます。
また、毎年リコーカップでは出場選手の皆さんにもWARMBIZへの賛同のご協力をお願いしており、賛同いただいた選手の皆さんの写真を宮崎現地に設置される告知ボードやバナーで紹介することで、一般の方たちにも参加を呼びかけています。

また今年は新たな取り組みとして、リコー製品IWB(インタラクティブホワイトボード)を活用した『Make a Wish』活動をウォームビズ宣言と連動したかたちで展開します。
来場者は、IBWで自分の写真と手書きの「ウォームビズ宣言」を合成し、カードとしてプリントアウトして持ち帰ることができます。また、それぞれの「ウォームビズ宣言」が一つの葉になって、画面上で「ウィッシュツリー」
(応援の木)が成長して行く仕掛けとなっています。

【Plant a tree for Africa】
大会期間中の選手のスコアに応じて、リコーがアフリカに植樹します。選手のガンバリが植樹につながります。
◇スコア毎の植樹本数[1アルバトロスにつき1000本、1ホールインワンにつき1000本、1イーグルで10本、1バーディ5本]

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング