列席者向け交流システム「アニクリ」(anicrit)のゲスト参加型新メッセージムービー「ゲストロール」を開始

PR TIMES / 2013年5月10日 17時20分

株式会社エスクリと株式会社DigiBookが協業し、列席者向け交流システム「アニクリ」(anicrit)のゲスト参加型新メッセージムービー「ゲストロール」を開始

挙式・披露宴の企画・運営を行うブライダル企業の株式会社エスクリ(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩本博、東証第一部:証券コード:2196以下、エスクリ)と株式会社ルクレの子会社である株式会社DigiBook (本社:東京都渋谷区、代表取締役:池田武史 以下、DigiBook)は、列席者向け交流システム「アニクリ(anicrit)」のゲスト参加型新メッセージムービー「ゲストロール」の企画・開発において協業し、DigiBook(R)フォトムービーシステムを活用し、独自開発をした新サービスを4月1日より開始致しました。



【アニクリ(anicrit)とは】
結婚式準備の作業効率化による新郎新婦の作業負担軽減と、列席者による挙式・パーティづくりを実現する、新たなウェディングサービスとして2011年9月からエスクリが提供しています。
新郎新婦は、「アニクリ」を通じて、結婚準備を進めることができ、お祝いメッセージや思い出の写真を列席者から集めることによって列席者と交流ができます。

【「ゲストロール」を通じて“ゲストからのおめでとう” と “新郎新婦からのありがとう” が溢れる結婚式を】
アニクリは、挙式・披露宴の列席者だけでなく、当日出席が難しい遠方の友人やニ次会の出席者が、お祝いの気持ちを込めたメッセージと写真を投稿できる、ブライダル業界において極めてユニークなサービスです。今回の「ゲストロール」の導入により、新郎新婦は、寄せられたメッセージと写真に対してお返事を書き、BGMを選択することで手軽にメッセージムービーを作ることができます。

本サービスの導入により、列席者は、挙式・披露宴当日に上映されるムービーを通じて、自分自身が投稿したメッセージと写真に対する新郎新婦からのお返事を、初めて見ることになるため、新郎新婦からのサプライズ演出として、今まで以上に挙式披露宴を楽しむことが可能になります。完成したムービーは、新郎新婦入場前の列席者受付時間に上映されることを想定しており、従来の結婚式では受付をするだけであったお待ち合いの時間を、ゲスト参加型の演出として提供いたします。

また、多くの列席者が参加している2人だけのオリジナルメッセージムービーは、挙式披露宴後にDVDとしてご提供いたします。今後、列席者から投稿されたメッセージと写真を編集して作るオリジナルフォトアルバムの提供も予定しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング