東日本大震災 追悼と復興の花火大会 「LIGHT UP NIPPON 2012」 開催地 全14カ所 正式決定 打ち上げ数は約3万発

PR TIMES / 2012年7月11日 13時36分



LIGHT UP NIPPON実行委員会は、2011年8月11日に東日本大震災の復興と追悼の意を込め、東北を元気にしたいという想いから、岩手県、宮城県、福島県の太平洋沿岸の被災地10カ所で、約2万発の花火を一斉に打ち上げる「LIGHT UP NIPPON」を開催いたしました。
今年も東日本大震災に対する追悼の想いを風化させない、被災地の復興に少しでも貢献したいという想いから、今年も8月11日(土)に東北沿岸の被災地14カ所で約3万発におよぶ花火大会「LIGHT UP NIPPON 2012」を開催いたします。

<LIGHT UP NIPPON 2012概要>
開催日時   :2012年8月11日(土)19:00開始 開催時間約30分
        ※雨天決行、荒天の場合は翌日に順延
開催地    :全14カ所
        岩手県7カ所:野田村、宮古市、山田町、大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市
        宮城県3カ所:気仙沼市、石巻市、塩釜市
        福島県4カ所:南相馬市、会津美里町、広野町、いわき市
打ち上げ数  :約3万発
花火大会の構成:花火開始から約5分間 全会場一斉に鎮魂・追悼の花火打ち上げ
        それ以降は、各開催地でオリジナルの追悼、復興花火

開催費用   :約4,500万円 一般の方々からの募金と、協賛企業からの協賛金で賄う

イベント   :気仙沼では2年ぶりの開催となる「気仙沼みなとまつり」と連携し、東北の物産などを販売する復興マルシェや土屋アンナ、T-BOLANの森友嵐士、ばんばひろふみ、福原美穂他が登場する音楽ライブなどの「LIGHT UP NIPPONスーパー縁日」を開催
  
ボランティアツアー:開催準備および当日対応(後片付け含む)のためのボランティアを募るため、(株)JTB、近畿日本ツーリスト(株)の協力によるボランティアツアーを開催

【各開催地の概要】
<岩手県>
開催地   :野田村
打ち上げ場所:野田村大字野田第18地割地内
実行委員長 :小野寺 健二(54)(野田村商工会副会長)
コメント  :野田村もまだまだ大変な状況ですが、夜空に花火を見るように多くの被災地の皆さんと一緒に上を向いて進んでいきたいという思いから、今年参加させていただきました。

開催地   :宮古市
打ち上げ場所:宮古市田老字館が森
実行委員長 :久保田 亮二(41)(公務員 宮古市)
コメント  :震災から1年と数カ月経ち、少しずつですが復興に向けて前進しています。8月11日は、多くの皆様に見に来ていただき花火に負けないぐらいの元気な笑顔を咲かせていただきたいです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング