ゲッティ イメージズが提供するイメージの定額使用サービスThinkstock サービス開始2年で2倍・770万点のコンテンツ提供数達成を発表

PR TIMES / 2012年1月27日 14時41分

 ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:島本 久美子、以下ゲッティ イメージズ)は本日、同社が運営するイメージの定額利用サービス(サブスクリプションサービス)Thinkstockのコンテンツの拡大を発表いたします。
 
 Purestock、Eyecandy Images、Ron Chapple Studios、TongRo Image Stock、Fogstock、Wavebreak MediaおよびZoonarからのコンテンツを含む19の新たな画像コレクションを追加することで、Thinkstockは2010年2月のサービス開始当初から比較して、提供可能な画像数を770万点に倍増いたしました。

Thinkstock ウェブサイト:http://www.thinkstockphotos.jp/

 Thinkstockは、ゲッティ イメージズ、iStockphotoおよびジュピターイメージズからの何百万点にも上るロイヤリティフリーの写真・ベクター画像・イラストを、全て一箇所にて提供する総合サブスクリプションサイトです。サブスクリプションとして、Thinkstockは様々な利点があり、幅広く質の高いコンテンツを固定価格やフレキシブルな価格設定にて、ご予算に合わせてお客様にお届けしております。画像は毎週何千点も追加され、即時にアクセス可能なThinkstockの膨大なイメージカタログを通じて、クリエイターは常に最新の画像を検索、使用でき、安心して高品質の作品を制作できます。

 Thinkstockでは、従来どおり高解像度のファイルへのフルアクセスを追加料金なしで提供しておりますが、さらに、ライセンスを取得された画像に対する10,000米ドルまでの補償サービスをご用意しております。
※ライセンス条件を遵守したThinkstockイメージの使用に関し、著作権侵害のクレームが発生した場合、お客様をこのようなクレームから守り、各イメージに関する損害賠償及び諸費用として、10,000米ドルを上限として負担いたします。

 月間または年間のサブスクリプションプランはそれぞれ60,000円と200,000円にて販売しており、お客様はThinkstockの画像ライブラリ全体にアクセスでき、一日最大25点、月間最大750点までの画像をダウンロード頂けます。また、Thinkstockは30,000~170,000円までの複数ダウンロード型のイメージパックを用意しており、プロジェクト用に特定の画像が必要の場合や、コストを抑えて複数のイメージを購入する際に、理想的なサービスとなっております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング