家計管理の実態に関するアンケート調査について

PR TIMES / 2013年8月27日 16時39分

●小遣い額の増加は1割にも満たず、家計に「アベノミクス」はまだ浸透せず、ほか

 オリックス銀行株式会社(本社:東京都港区、社長:潮 明夫、以下「オリックス銀行」)は、
家計管理に関する実態について、全国の20歳以上の男女計3,300名(男性1,650名、女性1,650名)を
対象に、インターネットでアンケート調査を実施しました。
 「アベノミクス」効果で企業の景況感は改善しつつありますが、経済の最小単位である家計において
何らかの動きはあったのでしょうか。詳細については参考資料をご参照ください。



<調査結果まとめ>

■「ウチ(家)ノミクス」”小遣いアップ”の矢はまだ放たれず

 ・今年に入って小遣いが増えた人はわずか6.8%。

 ・小遣いの増額交渉にチャレンジする人はほとんどいない。

■家計管理における未婚者の希望と、既婚者家庭の実態

 ・未婚者は、結婚したら家計は「共同で管理」を希望(42.7%)。

 ・しかし、既婚者の実態は、6割近くの家庭で「妻が管理」。

 ・未婚者と既婚者(20~30代)を比較すると、「共同で管理」と「妻が管理」の割合に大きな差が。

■”嬉しかったプレゼントは?” 男性の3人に1人は「特にない/覚えていない」。

 ・女性は「貴金属」(43.2%)がトップ。男性は「特にない/覚えていない」(34.4%)。

 ・嬉しかった中でも”一番”は「贈ってくれる気持ち」が男女とも1位。

■一番嬉しかったプレゼントは誰からもらったもの?

 ・既婚者は「配偶者」(75.7%)が断トツの1位!

■消費税増税前に購入したいものはありますか?

 ・半数以上が「特にない」との回答。年代が上がるほどその割合は増加。

 ・購入したい中では「大型家電」、「自家用車」などの耐久消費財が上位に。

 ・20代と60代で「国内旅行」がトップ。

以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング