ロゼッタストーン・ジャパン 法人サポートを強化 〜法人向け語学学習ソリューション「Rosetta Stone TOTALe PRO」を新たに導入〜

PR TIMES / 2012年9月12日 14時7分



外国語トレーニングソフト 「Rosetta Stone(R)(ロゼッタストーン(R))」を販売するロゼッタストーン・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:塩濱 剛治/以下、ロゼッタストーン・ジャパン)は、少人数から数千人規模まで複数のユーザーの登録や学習進捗などをオンラインで管理できる法人向け語学学習ソリューション「Rosetta Stone(R) TOTALe(TM) PRO(読み:ロゼッタストーン トターレ プロ、以下TOTALe PRO)」を新たに導入し、法人向けのサポートを強化いたします。

ロゼッタストーンは、英語や中国語など30種類の言語に対応する実用的な語学トレーニングプログラムとして、本社のある米国をはじめ世界中で500万人以上(2011年時点)が利用しており、全世界8,000以上の企業、9,000以上の官公庁・非営利団体、20,000以上の教育機関で正式に導入されています。日本においては、昨今の企業におけるグローバル化の需要に伴い、個人のみならず法人での利用も増加しており、既にANA、資生堂、KDDI、ソニー、TDK、東芝、トヨタ自動車、日本通運、野村證券、プーマジャパン、三菱地所(敬称略、50音順)などの企業および官公庁等を含む約600の法人、また国際教養大学、麗澤大学など外国語教育に注力している大学をはじめとする約200の教育機関にて、幅広く採用(2012年9月時点)されています。このたび、これらの法人のニーズに対応し、より利便性の高い充実したサービスの提供が可能となりました。

「TOTALe PRO」とは、既存製品「Rosetta Stone TOTALe」に、複数のユーザーを管理するための管理者向け機能「Rosetta Stone Manager(TM)」と管理者やユーザー向けのサポートを提供する「カスタマーサクセスサービス」を新たに組み込んだ、法人向けのオンライン語学学習ソリューションです。「Rosetta Stone Manager」では、企業の人事担当や教育機関の教職員などの管理者が、ユーザーの登録から学習状況の確認まで、全ユーザーの管理を容易に行うことができます。管理者はユーザーまたはグループごとに学習進捗状況レポートを定期的に閲覧し、平均点やカリキュラムの進捗状況などもグラフやチャートで随時把握することができます。また、既存のプログラムを基に、個人のレベルや目標に合わせて独自のカリキュラムを作成しカスタマイズすることも可能です。さらに、「Rosetta Stone TOTALe」が提供する24言語のラインアップの中から学習言語を選択(各ユーザーにつき1言語)することができ、ユーザーや言語の変更も管理者が自由に行えます。例えば、英語を終えた社員が今度は中国語を学習できるようにしたり、予め海外赴任者の利用数を確保し、帰任後はユーザーを入れ替えて登録するなど、グローバルな人材育成に大いに活用いただけます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング