GEのパワーコンバージョン事業、LNGタンカーと浮体式LNG貯蔵再ガス化設備の 電力供給および推進装置で、8千万ドルを追加受注

PR TIMES / 2013年4月22日 14時8分

・GEのインダクション式推進モータ技術が、信頼性の向上、メンテナンスコスト削減と耐用年数の延長に寄与
・合計31隻の船舶向け電気推進システム受注により、過去6ヶ月間の総受注額が約8千万ドルに
・韓国・現代重工業や大宇造船海洋(DSME)での導入実績がGEの革新的な電力供給および推進技術を実証

写真説明:現代重工業により、GE製電気推進技術が採用された最初のLNGタンカー(ブリティッシュ・エメラルド号:2007年)





パリ - 2013 年4月17日 - GEのパワーコンバージョン事業は、LNG(液化天然ガス)タンカー2隻と浮体式LNG貯蔵再ガス化設備(FSRU)1案件の電力および推進システムの新規受注を発表しました。全体として、これまでにGEでは、LNGタンカー26隻および5案件のFSRUへのシステム供給に関する契約を締結しています。過去6ヶ月間だけで当社の契約額は約8千万ドルに上ります。

こうした受注状況は、LNG関連産業または他産業において、GEが革新的な電力および推進技術を提供してきた結果といえます。GEのパワーコンバージョン事業、マーチャント・マリン・ビジネスリーダーのジャン-フィリップ・シェーニョは、「GEでは高出力なパルス幅変調(PWM)技術を用いることで、エンドカスタマーに大きな付加価値を提供しています。当社のインダクションモータを用いたこの技術は、現在最も堅実な技術の一つであり、システム全体の有用性を大きく拡張するものです。」とコメントしています。

GEが最近受注した案件は以下の通りです。
・ 2013年3月に現代重工業からGE製推進システムを受注。造船業の世界的大手である現代重工業はノルウェーHoegh LNG社が発注したFSRUにおいてGEの電動ドライブ技術を長年採用。

・ 現代重工業では、世界最大クラスの石油エネルギー輸送企業であるギリシャTsakos Energy Navigation社が発注したLNGタンカーについても、GEの電力および推進システムを採用。この契約によりGEは発電機4基、推進トランス4基、推進コンバータ2基、推進モータ2基、配電変圧器4基、メインとカーゴ用の配電盤、そしてリモートコントロールを供給。またGEは、プロジェクトマネジメント、システムおよび設備に関するエンジニアリング、コミッショニング、海上およびガス試験についてもサポートをしている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング