【ソリューション導入事例】全国で初めてウェブアクセシビリティJIS(JIS X 8341-3:2010)の「等級AA」に準拠 ~塩尻市(長野県)様~

PR TIMES / 2012年10月24日 10時10分



日立公共システムエンジニアリング株式会社(略称:日立GP( http://www.gp.hitachi.co.jp/?banner_id=nr-121024_01 ))は、みんなにやさしいホームページの実現を支援するソリューション、「4Uweb(フォー・ユー・ウェブ)Webユニバーサルデザインソリューション」を提供しています。このたび、本ソリューションの塩尻市(長野県)様における導入事例を当社Webサイトに公開しましたので、是非ご覧ください。

塩尻市様は、2011年10月にホームページのリニューアルを実施し、ウェブアクセシビリティJIS(JIS X 8341-3:2010、以下新JIS)の等級AA(一部等級AAAの達成基準を含む)に、全国の自治体で初めて準拠しました。

塩尻市様は、今回のリニューアルにあたり、「市民目線による情報分類の見直し」と「塩尻らしさ」の表現、および「新JISへの対応」を目的とされていました。当社にJIS策定委員会のメンバーがいることと、自治体向けのCMS(コンテンツマネジメントシステム)「4Uweb/CMS」が新JISに配慮されている点が決め手となり、当社の「4Uweb Webユニバーサルデザインソリューション」を導入いただきました。

4Uweb Webユニバーサルデザインソリューション:長野県 塩尻市 様
http://www.gp.hitachi.co.jp/solution/accessibility/voice/vol6shiojiri.html?banner_id=nr-121024_02

■「ウェブアクセシビリティJIS(JIS X 8341-3:2010)」とは?

ウェブアクセシビリティJIS(JIS X 8341-3:2010)とは、日本工業規格(JIS)から交付された規格で、障がい者や高齢者の方でもWebサイトを支障なく操作または利用できるために、企画・設計・開発・保守・運用の、すべての工程において配慮すべき基本的事項(以下)を示しています。

配慮すべき基本的事項
(1)視覚による情報入手が不自由な状態でも操作または利用できる。
(2)聴覚による情報入手が不自由な状態でも操作または利用できる。
(3)特定の身体部位だけでの入力方法に限定せず、
   多様な身体部位で操作または利用できる。
(4)身体の安全を害することなく操作または利用できる。

近年、このJIS規格の他、総務省推奨の公共Web運用モデルも改訂され、自治体など公共性の高いWebサイトのアクセシビリティへの対応が重視されています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング