大峽製鞄 (おおばせいほう)のソフトビジネスバッグが“10個限定”で登場!

PR TIMES / 2013年11月19日 14時16分

~世界に誇る日本の職人技で縫い上げられる“至高のビジネスバッグ”~

元・伊勢丹の名物バイヤーとして知られる藤巻幸大(ふじまき ゆきお)がプロデュースするショッピングサイト「藤巻百貨店」で、大峽製鞄(おおばせいほう)の「ソフトビジネスバッグ」の一般販売を11月19日より開始します。
欧州随一のタンナーがなめした革を、世界に誇る日本の職人技で縫い上げられる、まさに“至高のビジネスバッグ”です。




■知る人ぞ知る老舗ブランド「大峽製鞄」

皇室御用達ブランドの老舗メーカーとして知られる大峽製鞄。皇室の薬箱や有名小学校のランドセルなどが有名だが、じつは国内最高峰のビジネスバッグのつくり手でもあります。
「私たちのポリシーは『最も良い革を使う』『丁寧な仕事をする』『デザインは極力シンプルに』の3つだけ。シンプルであればあるほど、革の良さと職人の腕が如実に現れるんです」(大峽宏造専務)


■大峽製鞄がつくる、至高のビジネスバッグ

大峽製鞄では、最高の革を見つけるべく、専務自ら世界各地のタンナー(なめし革事業者)のもとに足を運びます。
「自分の目で革を見て、触りたいんです。それはタンナーとの信頼関係を築くことにもつながります。本当に質のよい革は使い続けるほどに、美しさが増すものです。もちろん、雨染みや日焼け、傷などもつきますが、そこにむしろ愛着がわく。そんなカバンとのつきあいをぜひ楽しんでいただきたいですね」(同)
また、大峽製鞄のカバンは取っ手の中まで革で作られています。合成皮革やパルプ素材と異なり、汗でダメになりにくく、天然素材の美しさと強靭さを余すところなく堪能できるのです。


■藤巻百貨店でしか手に入らないオリジナルカラーを展開

今回登場するビジネスソフトバッグはトープ、ブラック、オレンジ、スカイブルー、ネイビーの5色展開。持ち手はすべてブラウンというバイカラー仕立てとなっています。特注品のため、入手できるのは藤巻百貨店のみ、個数限定10コのみでのご用意となります。


■一般発売日
2013年11月19日(火)


■ご案内URL
◎大峽製鞄 ご購入ページ http://fujimaki-select.com/ext/artisan/007.html
◎藤巻百貨店TOPページ http://fujimaki-select.com/

藤巻百貨店 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
藤巻幸大プロデュースのWEBショップサイト。独自の感性と人脈を持つ藤巻幸大が選んだこだわりの逸品のみを販売するショップを、インターネットの世界で実現させました。『モノを越えたモノに出会える』お店として、商品が持つストーリーを大切に、生活が豊かになる逸品を紹介しています。

藤巻幸大(ふじまきゆきお)プロフィール ―――――――――――――――――――――――――――――――――
1960年生まれ。上智大学卒業後、伊勢丹に入社。バーニーズジャパンバイヤーを経て、「解放区」、「リ・スタイル」、「BPQC」などを立ち上げる。現在、(株)シカタ エグゼクティブプロデューサーなどを務める。新たなライフスタイルの創造事業に取り組むとともに、テレビ番組の出演、著作、講演活動なども行う。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング