持続性がん疼痛治療剤「タペンタドール塩酸塩・徐放錠」国内製造販売承認を申請

PR TIMES / 2013年5月16日 19時12分

ヤンセンファーマ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ブルース・グッドウィン、以下、「ヤンセン」)は、2013年4月18日付で、持続性がん疼痛治療剤「タペンタドール塩酸塩・徐放錠」の日本における製造販売承認申請を行いました。

13011号
報道関係者各位
2013年5月15日
ヤンセンファーマ株式会社


持続性がん疼痛治療剤「タペンタドール塩酸塩・徐放錠」
国内製造販売承認を申請


ヤンセンファーマ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ブルース・グッドウィン、以下、「ヤンセン」)は、2013年4月18日付で、持続性がん疼痛治療剤「タペンタドール塩酸塩・徐放錠」の日本における製造販売承認申請を行いました。

現在、がんに罹患している患者さんは日本で152万人以上1)存在し、多くの方が、がんの診断・治療が行われる過程において痛みを経験しています。日本では2012年6月に、がん対策推進基本計画2)が策定され、「がんと診断された時からの緩和ケアの推進」が重点的に取り組むべき重要な課題のひとつに掲げられました。ヤンセンは革新的な製品を創出、提供することにより、患者さんを痛みから解放し、生活の質の向上に貢献しています。

「タペンタドール塩酸塩・徐放錠」は、2010年に初めて慢性疼痛治療剤として承認され、2012年末時点において、すべてのEU加盟国および北米(カナダ、アメリカ)をはじめ、全世界34カ国で承認されています。

参考
1) 厚生労働省 平成23年度「患者調査」データによる (http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/11/dl/04.pdf

2) がん対策推進基本計画:がん対策基本法(平成18年法律第98号)が策定されてから5年が経過し、新たな課題も明らかになっていることから、政府は2012年6月、新たに2012年度から2016年度までの5年間を対象として、がん対策の総合的かつ計画的な推進を図るため、がん対策の推進に関する基本的な方向を明らかにする「がん対策推進基本計画」を策定しました。


###


ヤンセンについて
我々ヤンセンは、現代においてもっとも重要な「いまだ満たされない医療ニーズ」への対応と解決に力を注いでいます。これには、がん、免疫疾患、中枢神経疾患、疼痛、感染症が含まれます。患者さんへの貢献という強い意思に基づき、革新的な製品、サービスを開発提供し、健康問題の解決に努め、世界中のひとびとを支援しています。ヤンセンファーマ株式会社は、ジョンソン・エンド・ジョンソンのヤンセンファーマシューティカルカンパニーズのひとつです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング