7割のユーザーが犬連れキャンピングカー旅行を楽しむ

PR TIMES / 2014年3月10日 12時0分

キャンピングカーの広さがペット旅行に最適

当協会では、キャンピングカーユーザーがどのようにペット旅行を楽しんでいるのかを調査しました。それによると、ペットの種類では犬が8割を超え、さらに旅行には必ずペットを連れて行く人が7割を超えることが判明いたしました。その理由として、ペット旅行を受け入れてくれるホテルや旅館が少ないこと、またキャンピングカーの室内の広さが評価されているということも調査から浮かび上がりました。



■ ペット同伴キャンピングカー旅行の経験者は8割

キャンピングカーユーザーの間では、かねてより「ペット連れ旅行にはキャンピングカーが最適」という認識が広まっています。その実態はどのようなものか、当協会がホームページにアクセスする閲覧者およそ350人に調査したところ、ペットを飼っているユーザーのうち、「どんな旅行でも必ずペットを連れて行く」と答えた人が全体の7割(70.3%)を超えることが分かりました。この回答以外にも、「7~8割の率で連れて行く」、「5割の率で連れて行く」と答えている人が多く、それらを含めると、なんと82.9%の人がペット同伴のキャンピングカー旅行を楽しんでいることが判明しました。これに対し、「ペットは飼っているが、連れて行かない」という人は12.8%。「ペットを飼っていない」と答えた人は4.4%にとどまりました。

ちなみに、飼っているペットの種類としては犬が82.2%と圧倒的に多く、猫の8.0%を大きく引き離しました。


日本ペットフード協会の発表する2013年度の日本人の犬・猫飼育意向率を調べると、犬は26.8%、猫は16.8%となり、犬派が猫派の倍以上になることはありません。しかし、キャンピングカーユーザーにおいては圧倒的に犬派が優勢です。これはやはり犬の方が旅行に適しているという認識からくるものでしょう。

■ キャンピングカーの広さや断熱性がペット旅行に最適と評価

また、キャンピングカーがペット連れ旅行に適している理由を尋ねたところ、「ペットといっしょに泊まれるホテル・旅館が少ない」という回答が一番多く、50.7%を占めました。ペットを安心させるために、キャンピングカーの中でペットと一緒に夜を過ごしたいというオーナーの気持を伺うことができます。

次に多い回答は、「室内が広いので、ペットと人間が無理なく過ごせる」という回答(20.5%)で、キャンピングカーの豊かな居住性が評価されました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング