アニメ「図書館戦争」と実写映画「図書館戦争」とのコラボレーションが実現!

PR TIMES / 2013年4月20日 10時20分

株式会社 角川書店

国民的ベストセラー作家・有川浩の代表作で、2006年の刊行以来シリーズ累計発行部数400万部を超える超人気小説「図書館戦争」。2008年にフジテレビでアニメ版が放送されると、深夜枠にもかかわらず大好評を博した。また、2012年には劇場版アニメが公開され、一躍「図書館戦争」ブームを巻き起こしたことは記憶に新しい。そしていよいよ岡田准一、榮倉奈々ら豪華キャストを迎えた実写映画が来週土曜日、4月27日から公開される。

公開を間近に控え、アニメ「図書館戦争」と実写映画「図書館戦争」とのコラボレーションが実現した。岡田准一、榮倉奈々をはじめとするキャストが総出演し、映画の魅力を伝える超豪華ナビゲーション番組「映画『図書館戦争』ナビ」が放送されるが、この番組のナレーションを、アニメ「図書館戦争」で堂上篤(実写版では岡田准一が扮する)を演じた、声優の前野智昭が担当することが決定。アニメ版のファンにもたまらない番組となる。映画「図書館戦争ナビ」は、本日20日から、ABS秋田放送での放送を皮切りに、全国で順次放送される。詳しい放送予定は映画「図書館戦争」公式サイト(http://www.toshokan-sensou-movie.com)まで。


また、原作者の有川浩が実写版を観て「たいへん誠実に、しかしたくさんの挑戦を以て作っていただいたフィルムです。問答無用で楽しませていただきました。後はお客様に楽しんでいただければこれ以上幸せなことはありません。」とコメントしているが、アニメ版の堂上役である前野と、郁(実写版では榮倉奈々が扮する)役の井上麻里奈は、実写版「図書館戦争」を観て、それぞれ下記のように絶賛している。


【前野智昭(堂上篤役)コメント】
原作通り、見所満載な作品だと思いました。
アクションシーンもすごくリアルで迫力がありました!
堂上と呼ばれて自分が反応できない淋しさはありましたが、
それでもスクリーンの向こうには堂上や郁がいて、動いて、しゃべっている。
色々な想いの涙が出ました。アニメキャストの笠原、堂上、手塚、柴崎で劇場まで観に行く予定です。


【井上麻里奈(笠原郁役)コメント】
冒頭から息を飲む展開に一気に作品に引き込まれました。
原作やアニメでも図書を巡って銃器で戦うというのは
とても恐ろしいと思っていたのですが、
改めて実写で見てみると物凄い衝撃でした。
より生々しく身近に迫る問題なんだという事が感じられて恐怖感が煽られました。
アニメと同じシーンも沢山あり、アニメの収録の時の事を
思い出しながら観させて頂きました。
実写映画オリジナル要素もあり、目を離せませんでした。
キャラクターもイメージ通りで作品への愛が感じられて嬉しかったです。
郁可愛い!堂上教官素敵!
アニメの堂上教官にも恋していたのですが、
再び堂上教官に恋をしてしまいました。
そして、アクションシーンの素晴らしさ!
息を飲むアクションは思わず見ている私も力が入ってしまいました。
とにかく素晴らしい!の一言でした。
原作ファンの方もアニメファンの方も絶対満足出来る作品だと思います!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング