ETS、TOEFL(R) テスト スカラシップ プログラム 日本の成績優秀者に総額42,000米ドルを授与

PR TIMES / 2014年8月18日 12時20分

東京、神奈川および石川の学生が獲得

米国ニュージャージー州プリンストン発(2014 年8月18日)-- 米国の非営利教育団体でTOEFL(R) テスト作成団体であるEducational Testing Service(本部:米国ニュージャージー州、以下ETS)は日本国内に居住するTOEFLテスト受験者を対象に、優れた能力を発揮した方々を表彰するTOEFL(R) テスト スカラシッププログラムを通して、総額42,000米ドルの奨学金を授与したことを発表しました。同プログラムは今年で4 年目を迎えます。

2014年度は、学部又は大学院へ進学する6人にそれぞれ7,000米ドルの奨学金を授与しました。同プログラムの奨学金は、TOEFLテストを受け入れている世界中の9,000以上の大学、および高等教育機関での学費に適用されます。


TOEFLテスト プログラム エグゼクティブ・ディレクターのジェニファー・ブラウンは次のように述べています。「プログラム4年目となる今年も、優れた日本の学生の方々に奨学金を提供できることを嬉しく思います。ETSは、2011年から、英語習得に取り組む学生を対象に、日本では、総額164,000米ドルの奨学金を授与してきました。受賞者の皆様の今後の学習支援になれば幸いです。」


応募者の選考は、英語コミュニケーション能力、学業成績、リーダーシップ力、課外活動への参加経験の観点から行われました。今年の応募数は昨年より10パーセント増加しました。


TOEFL テストの受験方法や勉強の方法、サンプルテストはTOEFL(R) Go Anywhere のウェブサイトをご参照ください。www.TOEFLGoAnywhere.org.

TOEFL Testについて
TOEFL テストは英語能力を評価する試験として、世界の幅広い国で受け入れられているテストです。現在、米国、カナダ、オーストラリアをはじめとした130ヵ国、9,000 以上の機関が導入し、累計2,700万人がTOEFLテストを受験しています。

Educational Testing Service(ETS) について
ETSは綿密な調査に基づくアセスメントの作成を通じ、世界中の人々に対する教育の質と公正さの向上を目指す非営利団体です。ETS は学生や保護者をはじめ、教育機関、政府機関にもサービスを提供し、教育面での研究や分析、方針の研究を実施し、また教員の認定、英語学習、初等/中等/中等後教育に関するさまざまなカスタマイズ サービスおよび製品の開発を手掛けています。ETSは1947年に非営利教育団体として設立され、世界 180ヵ国以上、9,000ヵ所を超えるロケーションで毎年 TOEFL(R)テスト、TOEIC(R) テスト、GRE(R) General Test と Subject Test、The Praxis Series(R)アセスメントといった 5,000 万件以上のテストの開発、実施、評点を行っています。 www.ets.org

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング