インターネットラジオ「FaRao(TM)」 クラリオン、パイオニアとのカーナビ連携開始

PR TIMES / 2014年3月14日 11時27分

株式会社フェイスは、日本初のレコメンド機能を有するインターネットラジオ「FaRao(TM) (ファラオ)」のカーナビ連携を開始しました。



株式会社フェイス(代表取締役社長 平澤 創、本社:京都市、証券コード:4295 東証一部、以下:フェイス)は、日本初のレコメンド機能を有するインターネットラジオ「FaRao(TM) (ファラオ)」のカーナビ連携を開始しました。

連携を開始するカーナビは、クラリオン株式会社(社長:泉 龍彦、以下、クラリオン)の自動車向けクラウドサービス「Smart Access(スマートアクセス)」と、パイオニア株式会社(代表取締役 兼 社長執行役員:小谷 進、以下、パイオニア)のスマートフォンアプリをタッチコントロールできる「Linkwithモード」の対応機種です。

FaRao(TM)は「音楽をあらゆる生活シーンに」をテーマに、昨年夏よりテレビ連携を行い家庭のリビングをお洒落なカフェや避暑地のリゾートホテルのように演出し、豊かな音楽生活を楽しめる空間を提供してきました。カーナビ連携はそれに続くマルチデバイス展開の一環であり、ちょっとした日帰りドライブから遠出の旅行まで、車内での音楽空間を多彩に演出します。
また、今回のカーナビ連携にあわせ、メジャーレコード会社の最新ヒット曲を含む100万曲の中から有名人やキュレーター*が選曲した「桜・春ソング」、「80年代ヒッツ」をはじめ、今話題のエレクトロやクールなジャズなどバラエティに富んだドライビング・オムニバスアルバム・チャンネルを開設します。

今後はさらにユーザー参加型のオムニバスアルバムの投稿や人気投票などを予定しており、様々な音楽生活の楽しみ方を提案していきます。

<FaRao(TM)をパイオニアの「サイバーナビ」「アプリユニット」で楽しむには>
(1) スマートフォンで専用の「Linkwith」ランチャーアプリをダウンロード
(2) Bluetoothと別売りの接続ケーブルセットを使って、スマートフォンと連携

<FaRao(TM)をクラリオンのカーナビで楽しむには>
(1) AppStoreでクラリオンの「Smart Access」アプリをダウンロード
(2) 別売りの接続ケーブルでスマートフォンとカーナビを繋ぐ
(3) 「Smart Access」にある『FaRao(TM)』を選んでスタート

(*キュレーター)
キュレーションを行う人のことを指しています。インターネットやウェブのトレンドとしては“情報を収集し、つなぎ合わせて新しい価値を持たせて共有すること”を意味しており、FaRao(TM)では楽曲の最適な選曲を行い新しい価値観を提供できる人として使用しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング