昭文社と提携し、台湾からの訪日観光客に向けた情報発信サービスを強化

PR TIMES / 2013年12月24日 13時32分

~日本着地型ツアーを台湾向けメディアで紹介~

 クラブツーリズム株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小山佳延、以下クラブツーリズム)は株式会社昭文社(本社:東京都千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475、以下昭文社)と提携し、当社の日本着地型ツアーの台湾マーケットでの情報発信サービスを強化します。台湾からの訪日観光客が近年急増している中、当社ツアーの情報発信先を拡げ、多様なご希望にかなうツアーを見つけていただけるよう情報サービスの向上を図るものです。



 クラブツーリズムは2009年1月より、アジア各地の訪日観光客向けに、人気の高い

日本の観光地をめぐる日本着地型ツアー『YOKOSO JAPAN TOUR』を専用サイト(*1)を設けて紹介し、東京、大阪、札幌、京都、名古屋発着のツアーを提供してまいりました。この『YOKOSO JAPAN TOUR』には、主要都市発着の日帰り・宿泊ツアーを中心に、申し込みが可能なツアーが常時50本以上あります。今回の提携は、こうしたツアーの情報発信を、昭文社中国語繁体字版Facebookページ(*2)や、昭文社ツアー告知専用ウェブページ(*3)を通じて12月より開始いたしました。また、これを機にあらたに福岡発着のツアーを加えるとともに、「箱根満喫ツアー」などの定番ツアーから季節限定の「白川郷ライトアップツアー」などの日本各地の有名観光地はもとより、果物狩りや花の四季折々の変化に富んだ様々なツアーをご用意するなど、よりいっそう訪日観光客のニーズに沿ったメニューに拡充しました。

 昭文社でも、台湾向けのサービスを拡充しており、中国語繁体字版Facebookページ『日本旅遊達人,MAPPLE』で17万「いいね!」を獲得して日本各地の観光情報をデイリーで発信しているほか、2013年5月には女性に大人気のガイドブック『ことりっぷ』の中国語繁体字版を台湾で出版しています。さらに2013年11月からは訪日観光客向け街歩きアプリ「MAPPLE-LINK」にて、繁体字版コンテンツの提供を開始しています。

 

 クラブツーリズムでは、今後も昭文社と連携しながらお客様に向けた情報発信を強化することで、台湾からの訪日観光事業に注力していきます。


*1 専用サイト:www.yokoso-japan.jp/tc/
*2昭文社中国語繁体字版Facebookページ: https://www.facebook.com/mapple.tw     

*3昭文社ツアー告知専用ウェブページ: http://www.mapple.com/taiwan/


                 

                          記

■クラブツーリズム×昭文社 日本着地型ツアー 概要

【ツアー告知総称】 
『日本旅遊達人、MAPPLE 』おすすめツアー

【 ツアー内容と特徴】
『YOKOSO JAPAN TOUR』 
・東京、大阪、札幌、京都、名古屋、福岡発着のツアーを常時50本以上ご用意しています
・日本各地の有名観光地に加え、果物狩りや花の四季折々の変化に富んだツアーが人気です
詳細: http://www.yokoso-japan.jp/tc

【告知方法】
Facebookページ『日本旅遊達人,MAPPLE』、台湾現地の空港にてチラシ配布、
およびクラブツーリズム会員向けメールマガジン等

【ご提供方法(導入口)】
昭文社ツアー告知専用ウェブページより


                                                  以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング