スマートフォンと免許証で口座開設。本人確認アプリを用いた金融機関向け事務システムをクラウドサービス化!!アプリから行員向けの事務システムまで全てオールインワン!!:株式会社オープントーン

PR TIMES / 2014年12月2日 15時25分

数多くの口座開設アプリの構築実績をサービス化。アプリから事務システムまでワンストップサービスの提供を開始:株式会社オープントーン

株式会社オープントーンは金融機関向けの口座開設アプリを事務システムの提供を含めサービス化。免許証を撮影し本人確認に利用した口座開設アプリと行員向けの口座開設事務システムをクラウドサービス化。
 これまでスクラッチでの開発を中心とした免許証を用いた本人確認・口座開設アプリに加え事務システム全般を月額利用料での提供を開始。 アプリだけあっても・・・という声にお応えして、ネットバンクで実績を積んだ口座開設の事務システムをクラウドサービスにて御提供致します。



 株式会社オープントーンは銀行・地方銀行・信用金庫等、金融機関向けのスマートフォンと免許証を用いた本人確認・口座開設アプリをクラウドサービス化。月額利用料での利用を可能にしました。
 さらには事務センターが利用する開設事務の為の事務システムまで含んだワンストップパッケージとなっています。
 これまで大きな初期投資と、保守費用がかかった本人確認・口座開設アプリや事務システムをクラウドサービス化することで、非常に低価格な月額利用料での利用を可能にしました。
 また、信用金庫等、大きな初期投資に見合う利用者数が見込めない金融機関につきましても、低コストでの導入を可能にしました。また月額利用料での提供となるため、サービスが不要となった際の無駄な投資も低減できます。

 口座を開設したい金融機関の利用者が、免許証をスマートフォンアプリで撮影します。本人確認画像とともに、申込情報を専用アプリより送付するとことで、セキュアに本人確認書類が提出可能となります。
 さらには、申込情報の入力を低減するための運転免許証に対する「OCR技術」にも対応可能。利用者の利便性も一層まします。

 金融機関の新たな利用者獲得に貢献。さらには事務システムまでワンストップにてクラウドサービスとして提供することで大きなコストダウンにもつながります。
 規格や機種が日進月歩で進化を続けるスマートフォン市場に置いて、そうした短期間でのソフトウェアの陳腐化のリスクも無く、そのたびにかかる莫大な改修コストも心配ありません。

 さらには、以前より株式会社オープントーンが提供する「反社会勢力チェックソリューション」や「投資適合性判断ソリューション」との融合に寄り、金融機関の開設事務の利便性の向上とコスト低減を実現します。


株式会社オープントーンの開発事例
http://www.opentone.co.jp/showcase/index.html


★会社概要
会社名 :株式会社オープントーン
http://www.opentone.co.jp/
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-9-8 神田石川ビル4F
設立 :平成15年2月17日
代表者 :佐藤 大輔
従業員数:40名 (2014年2月現在)
資本金 :1,500万円

★本件に関するお客様からのお問い合わせ先
株式会社オープントーン
営業部:佐藤 sales@opentone.co.jp
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-9-8 神田石川ビル4F
TEL : 03-4530-6222 FAX : 03-6368-4458

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング