写真展『ニッポン複雑紀行』日本の移民事情を伝えるウェブマガジンが新宿御苑前で開催(2020年1月30日-2月5日)

PR TIMES / 2020年1月10日 18時55分

難民も移民もそうでない人も、誰もがともに暮らせる社会の魅力や乗り越えるべき課題を伝えるべく、認定NPO法人 難民支援協会(JAR)が2017年12月にウェブマガジン「ニッポン複雑紀行」をスタートさせてから早くも2年が経ちました。3年目を迎えるにあたり、ニッポン複雑紀行として初となる写真展を開催します。
2020年1月30日-2月5日の1週間、新宿御苑前のギャラリーにぜひお越しください。



[画像1: https://prtimes.jp/i/11254/12/resize/d11254-12-788639-0.jpg ]



~ 写真展『ニッポン複雑紀行』~

ニッポンは複雑だ。複雑でいいし、複雑な方がもっといい―。
2017年に開始した『ニッポン複雑紀行』では、ウェブマガジンという形で、一人の人生、街の歴史、このニッポンがはらんだ複雑さの一つひとつを取り上げてきました。今回が初めての試みとなる写真展は足掛け2年強にわたる運営のひとまずの総決算。

群馬県大泉町のブラジル人学校、静岡県浜松市での多文化共生の取り組み、兵庫県神戸市のベトナム人コミュニティ、日本とそれ以外のルーツをもつ様々な「ハーフ」の人々の姿など、これまで撮影してきた写真を一人ひとりの方から聞かせていただいた大切な言葉の数々と合わせて展示します。

多種多様なルーツをもつ人々が生きる日本社会の現実をぜひ感じてください。2月1日(土)にはギャラリートークも開催し、記事制作の具体的な裏側などについてもお話できたらと考えています。

展示作品数:カラー約60点
写真家:柴田大輔、鈴木雄介、田川基成、宮本直孝
キュレーション:田川基成


~ 開催概要 ~
■ 日時:
2020年1月30日(木)- 2月5日(水)10:00 – 18:00
※日曜休館・最終日15時まで。土曜15:00-16:00はイベントにつき入場が制限されます。

■ 場所:
アイデムフォトギャラリー・シリウス
東京都新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」駅より徒歩2分

■ 入場料:
無料

■ 詳細はこちらから:
https://www.refugee.or.jp/fukuzatsu/fukuzatsu02


[画像2: https://prtimes.jp/i/11254/12/resize/d11254-12-588890-2.jpg ]

ニッポン複雑紀行編集部

認定NPO法人難民支援協会(JAR)のスタッフとライターの望月優大が共同でニッポン複雑紀行を運営しています。
Twitter: @nipponfukuzatsu


■本件に関するお問い合わせ
認定NPO法人難民支援協会 広報部 伏見
〒101-0065東京都千代田区西神田2-5-2 TASビル4階
Tel:03-5379-6001|info@refugee.or.jp

▼認定NPO法人難民支援協会 プロフィール
1999年設立。「難民が新たな土地で安心して暮らせるように支え、ともに生きられる社会を実現する」ことをミッションとし活動する。難民申請の手続きや、来日直後の緊急期における医食住、企業での就労、地域との関係づくりなどの支援を行う。難民受け入れに関する政策提言や、認知啓発にも力を入れている。年間の支援対象者の国籍数は約70ヶ国、来訪相談者数は約600人、相談件数は4,000件以上(2017年度実績)。 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のパートナー。www.refugee.or.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング