カシオのゴルフ用デジタルカメラの新機種と、 3Dゴルフスイングセンサー「Fullmiere(R) Camera」が連動

PR TIMES / 2014年11月18日 14時29分

-来春より提供開始予定-

 株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下ACCESS)は、同社の3Dゴルフスイングサービス「Fullmiere(R) Camera(フルミエルカメラ)」に、カシオ計算機株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長執行役員:樫尾 和雄、以下カシオ)のデジタルカメラ「EXILIM(エクシリム)」の新製品であるゴルフ用デジタルカメラ「EX-FC500S」との連携機能を新たに付加し、2015年春より、新サービスとして、提供開始いたします。



画像(https://prtimes.jp/api/file.php?t=thumb&f=d11476-12-825290-2.jpg
スイング動画イメージ


画像(https://prtimes.jp/api/file.php?t=thumb&f=d11476-12-709782-1.jpg
「EX-FC500S」

※『EX-FC500S』のファームウェア及び専用アプリ「EXILIM Remote for GOLF」のバージョンアップが必要です。
また、2015年春の時点での対応はAndroid OSのみを予定しています。

 「Fullmiere(R)」は、スイングセンサー(加速度・角速度・方位)とスマートフォンやタブレットさえあれば、いつでもどこでも、一人でも手軽に高度なスイング解析ができるサービスです。クラブに装着されたセンサーがスイング軌道を捉えデータ化し、Bluetoothにより、スマートフォンやタブレットの専用アプリへ送信、端末上で3D解析・表示します。2013年の発売以来、ゴルフとICTを融合したウェアラブル端末の先駆的製品として注目されており、ゴルファーの間でも、高精度かつ手軽に使えるゴルフレッスンツールとして高い評価を得ています。

 「Fullmiere Camera」は、「Fullmiere」の基本機能に加えて、動画との連携機能を拡張させたサービスです。この度、本サービスを、Wi-Fi機能と専用アプリにより、カメラから離れた状態でもスイング動画をタブレットやスマートフォンに送って確認できるゴルフ用デジタルカメラ「EX-FC500S」に対応させることにより、「EX-FC500S」で撮影されたスイングハイスピード動画と「Fullmiere Camera」のスイング解析結果を同時に表示することを実現します(※)。「EX-FC500S」のゴルフ向け機能と併用することにより、一層便利なゴルフレッスンツールとして、活用することが可能となります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング