THE DOOR TO THE FUTUREをテーマとしたTEAMZブロックチェーンサミットおよび東京ブロックチェーンウィークが盛況のうちに幕を閉じました!

PR TIMES / 2018年10月5日 17時40分

TEAMZブロックチェーンサミット

株式会社TEAMZが主催し、寺田倉庫とNEVULAが協賛したTEAMZブロックチェーンサミットとKEXが共同開催した東京ブロックチェーンウィークは盛況のうちに幕を閉じました。



9月30日に株式会社TEAMZが主催し、寺田倉庫とNEVULAが協賛したTEAMZブロックチェーンサミットとKEXが共同開催した東京ブロックチェーンウィークは盛況のうちに幕を閉じました。1週間の会議で、世界各地のブロックチェーンの投資家、学者、専門家、メディア、プロジェクトが東京に集まり、寺田倉庫のイノベーティブでテクノロジカルな会場にて、日本市場を主とした 様々な市場におけるブロックチェーンの発展を総括し、課題と機会を探り、ブロックチェーン産業企業の将来性について検討しました。12カ国から集まった32の質の高いプロジェクトがサミット展示、テーマ講演、パネルディスカッション、投資家ミートアップ、レッドカーペットパーティーなどのイベントに参加しました。サミットはこれまでに類を見ないもので、2500人の観客とレッドカーペットパーティーにて400人のゲストを集めました。サミットはクリプト・リサーチ(Crypto Research)の共同創設者である和田江美子氏がMCを務め、TEAMZ創設者CEO、楊天宇氏(Yang Tianyu)によるオー プニングの言葉から始まりました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/31083/12/resize/d31083-12-549542-18.png ]


素晴らしいスピーチ
元イーサリアムの共同設立者であるIOHK創設者のチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、「歴史の弧」をテーマにスピーチを行い、Bitcoin.comのCEO、Roger Ver氏は「デジタルマネーが世界を変える方法」についてビデオプレゼンテーションを行いました。メインスポンサーであるNEVULAのCEO清水雅史氏は「オンラインとオフラインのブロックチェーンゲームプラットフォーム」のテーマについて分析し、寺田倉庫は、企業のストレージスペースに便利なサービスを提供する「minikura」を披露しました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/31083/12/resize/d31083-12-553655-0.jpg ]




[画像3: https://prtimes.jp/i/31083/12/resize/d31083-12-964376-19.png ]


積極的なパネルディスカッション
午前中、日本のブロックチェーントップクラスのパネルディスカッションが開催され、CoinOtaku CEOの伊藤健治氏(左から1番目)進行の元 、日本市場における政策、法律、技術、および業界規制の挑戦、日本市場独自の機会について議論が繰り広げられました。16の仮想通貨取引所の1つであるQUOINEのCFO(左から2番目)、Bitflyerの弁護士斎藤創氏(左から3番目)、OKWAVEの代表取締役の松田元氏(右から3番目)、外国法律事務弁護士の陳轶凡氏(右から2番目)、近畿大学総合理工学研究科准教授森山真光氏(右から1番目)らがパネルディスカッションに参加しました。
[画像4: https://prtimes.jp/i/31083/12/resize/d31083-12-654514-8.jpg ]

正午には、Zpop CTO共同創設者の森徹也氏(左から1番目)による進行の元 、市場の宣伝、資金計画、コミュニティ構築、世界中の異なる市場においてのブロックチェーンプロジェクトの発展について話し合いました 。パネルディスカッションに参加したゲストは、シンガポールの投資家、Soarlabsの創設者、ANCompass顧問のSeth Lim氏(左から2番目)、シリコンバレーの投資家Thomas Varghese氏(右から1番目)でした。
[画像5: https://prtimes.jp/i/31083/12/resize/d31083-12-768140-9.jpg ]


午後には、CryptoTimes CEOの新井進吾氏(左から1番目)進行の元パネルディスカッションにて、中国のブロックチェーン市場と、中国のブロックチェーン投資家の視点から見た世界ブロックチェーン市場におけるチャンスについて分析されました。パネルディスカッション参加ゲストは、金色財経の創設パートナーである安鑫鑫氏(左から2番目)、KEXグループCEO尹晓刚氏(右から2番目)、BICAブロックチェーンファンドのパートナーであるRose Sun氏(右から1番目)でした。
[画像6: https://prtimes.jp/i/31083/12/resize/d31083-12-679963-10.jpg ]


サミットの終わりに、COIN JINJAのCOO沼崎悠氏(左から1番目)進行のパネルディスカッションにおいて、AnyPay CEOの小野紗和子氏(左から2番目)、SparkLabsグループのの創設パートナーであるBernard Moon氏(右から2番目)そしてTrue Global Venturesの創設者であるDusan Stojanovic氏(右から1番目)をゲストに迎え、ブロックチェーンの未来をテーマとした議論を行い、TEAMZブロックチェーンサミットの幕が下りました。
[画像7: https://prtimes.jp/i/31083/12/resize/d31083-12-918523-11.jpg ]



未来を照らすレッドカーペットイベント

29日夜、寺田倉庫のB&C HALLの創造的かつ豪華な会場で行われたTEAMZブロックチェーンサミットにはブロックチェーン界のトップクラスだけでなく、日本の大企業の取締役や投資家達も集まりました。このイベントはTEAMZの創業者COO邓岩莹氏が司会進行し、メインスポンサーであるNEVULAのCEO清水雅史氏によるお祝いの挨拶で始まり暖かい雰囲気の中で幕を開けました。有名投資家ジェフリー・ウェルニック(Jeffrey Wernick)氏は、再びブロックチェーンの将来についてのスピーチを行いました。ANcompassの顧問であるScome Slong Lee氏は、東南アジアのブロックチェーン市場の可能性に関するスピーチを行い、会場のゲストに東南アジアのブロックチェーン市場におけるチャンスについて紹介しました。イベントでは、TEAMZがマレーシア最大のロードショープラットフォームであるLegnacapと契約を交わし、2019年1月にクアラルンプールでTEAMZブロックチェーンサミットを開始することを決定し、さらにシンガポールVC、AirlevateとのVC協力契約を交わし、TEAMZファンドのシンガポール進出を発表しました。

[画像8: https://prtimes.jp/i/31083/12/resize/d31083-12-794769-12.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/31083/12/resize/d31083-12-522443-13.jpg ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/31083/12/resize/d31083-12-730010-14.jpg ]

[画像11: https://prtimes.jp/i/31083/12/resize/d31083-12-160735-15.jpg ]

今回のTEAMZブロックチェーンサミットは、今年下半期日本最大の規模を誇り、数々の国に跨り、多くの業界のトップクラスが参加しました。サミット終了後、多くの参加企業が引き続き交流を続け、国境を越えた協力関係が企業の日本およびその他の国における成長の堅固な基盤となりました。次回のTEAMZブロックチェーンサミットは、2019年1月にクアラルンプールで、3月29日と30日に東京で開催されます。詳しくは: https://summit.teamz.co.jp/


一部参加プロジェクト:
NEVULA
https://nevula.tech/

PurpleButterflyTrading
https://purplebutterflytrading.net/

Zpop
https://z-popdream.io/

FlipNpik
https://flipnpik.io/

ANGELIUM
https://angelium.net/

QONECT
https://qonectcoin.com

QURAS
https://quras.io

Platio
https://platio.io
[画像12: https://prtimes.jp/i/31083/12/resize/d31083-12-366180-17.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング