『CORONA SUNSETS FESTIVAL 2019』ALLアーティスト発表

PR TIMES / 2019年5月24日 13時40分

平井大、Brasstracksが出演!

日時:2019年7月13日(土)、14日(日) 13:00~
場所:美らSUNビーチ野外音楽特設ステージ(沖縄県豊見城市字豊崎5-1)
公式サイト: http://corona-sunsets.jp/




日本の輸入ビール第1位、そして世界で最も飲まれているプレミアムビール「コロナ エキストラ」は、5年目を迎えるリゾート型音楽フェスティバル「CORONA SUNSETS FESTIVAL 2019」に出演するアーティスト第3弾を発表しました。また、現在オフィシャル先行チケットも絶賛発売中です。

[画像1: https://prtimes.jp/i/34628/12/resize/d34628-12-571180-0.jpg ]


「CORONA SUNSETS FESTIVAL 2019」の第三弾出演アーティストとして、
Brasstracks / DJ DARUMA & JOMMY / HIRAIDAI / Michael Kaneko / REN の出演が決定!

中でも注目なのは、グラミー賞に輝いたChance the Rapper「NO Problem」のプロデュースで名を上げたニューヨークの気鋭デュオ、Brasstracksも参戦。彼らが沖縄のビーチでどんなパフォーマンスを見せるのかは必見です。

また国内からは、様々な映画やCMの主題歌を担当するなどブレイクを果たした平井大が出演。サーフロック界の旗手としてコロナフェスとの相性は証明済み、今年のステージにも期待が高まります。

さらに、日本のテックハウスシーンを牽引するDJユニット、DJ DARUMA(PKCZ(R)) & JOMMYも登場。
HIP HOPカルチャーを軸にした彼らのテックハウスグルーヴは沖縄の地を熱狂の渦に巻き込みます。

現在、Spotifyにてコロナフェス公式プレイリストも公開中。開催まで残り2ヶ月、オフィシャルグッズや会場でお楽しみいただけるコンテンツなど、今後も順次情報を公開してまいります。

コロナフェスでは、日常の喧騒から離れ、自然を愛し、仲間と一緒に過ごすかけがえのない時間の大切さを伝える、コロナのブランドメッセージ「This Is Living.」の世界観を提供いたします。今年も美らSUNビーチでコロナを片手に、最高の夕陽を眺めながら、悠久の時をお過ごしください。


■第3弾発表 出演アーティスト

Brasstracks

[画像2: https://prtimes.jp/i/34628/12/resize/d34628-12-370172-6.jpg ]

トランペットのIvanとドラムのConorで2014年にBrasstracksを結成。
2016年にChance the Rapperの「No Problem」をプロデュースし、グラミー賞を受賞。世界から注目が集まる。


DJ DARUMA(PKCZ(R)) & JOMMY
[画像3: https://prtimes.jp/i/34628/12/resize/d34628-12-301360-4.jpg ]

1990年代初頭よりHIP HOPダンサーとしてTOKYOのクラブシーンの成長を体感した二人は、’00年代後半のエレクトロとファッションの密接な繋がりの中、各々のDJのポジションを確かなものにした。現在、DJ DARUMA&JOMMYのB2B STYLEはイーブンキックのグルーヴに注力しており、HIP HOPからの影響を感じさせる、『新しい』HOUSEやTECHNOでフロアをガンガン踊らせているのだ。


HIRAI DAI
[画像4: https://prtimes.jp/i/34628/12/resize/d34628-12-172688-5.jpg ]

印象的な耳に残る優しい歌声と歌詞、キャッチーなメロディーラインは聴く人の気持ちを癒し、穏やかにしてくれる。
2019年2月には、「映画ドラえもん のび太の月面探査記」の主題歌「THE GIFT」をリリース。


Michael Kaneko
[画像5: https://prtimes.jp/i/34628/12/resize/d34628-12-577919-9.jpg ]

湘南生まれ、南カリフォルニア育ちの日本人シンガーソングライター。ウィスパーながらも芯のあるシルキーヴォイスが話題となり、デビュー前にもかかわらずその声は5,000万人に届くことに。2017年『Westbound EP』をリリース、活躍の場を世界規模で広げている。


ReN
[画像6: https://prtimes.jp/i/34628/12/resize/d34628-12-142843-8.jpg ]

10代の時にイギリスに単身で渡り、20歳の春から本格的な音楽活動を始める。2015年には関東圏を中心に1年間で102本のライブを行う『百戦蓮磨2015』を達成。またFUJI ROCK FESTIVAL’15などにも出演を果たす。


KENNY from SPiCYSOL
[画像7: https://prtimes.jp/i/34628/12/resize/d34628-12-882205-7.jpg ]

Surf Beat Musicを掲げ、洋楽のフレイバーをベースにメロウな歌声とメロディで独自の進化を遂げた、CityとSurfが融合する新世代ハイブリッド・バンド。KENNYはVo/Gtとして、全楽曲の作詞も担当。


Baby Kiy
[画像8: https://prtimes.jp/i/34628/12/resize/d34628-12-611664-1.jpg ]

海外を旅して出会う人、ビーチや街、その土地の音楽に触れて様々なカルチャーに影響を受け、作詞作曲、演奏を自ら行うシンガーソングライター。自然体な生き方に憧れる女性がふえ、現在のSNS総フォロワーは33万人以上。10代・20代を中心に熱い支持を得ている。


■出演アーティストラインナップ
7月13日(土)出演
Amp Fiddler & Drummer From Detroit / Brasstracks / Andrés / Starley / NAOKI SERIZAWA / ReN / Michael Kaneko / Licaxxx / EDEN KAI / Baby Kiy

7月14日(日)出演
Capital Cities / José González / HIRAIDAI / SAIRU / SIRUP / DJ DARUMA(PKCZ(R)) & JOMMY / YonYon / KENNY from SPiCYSOL



[画像9: https://prtimes.jp/i/34628/12/resize/d34628-12-200493-10.png ]

今回、コロナフェスでは海や環境にも優しいフェスとして、よりクリーンな空間を目指し、灰のごみが出ず、たばこの煙のにおいがしない低温加熱型の「Ploom TECH(プルーム・テック)」「Ploom TECH+(プルーム・テック・プラス)」をパートナーに選びました。

低温加熱型のPloom TECH及びPloom TECH+を販売する日本たばこ産業株式会社(JT)とともに、快適で居心地の良い「たばこの煙のにおいのないフェス」を作り上げていく事に取り組みます。


■開催概要
イベント名 : CORONA SUNSETS FESTIVAL 2019
会 場 : 美らSUNビーチ野外音楽特設ステージ(沖縄県豊見城市字豊崎5-1)
日 程 : 2019年7月13日(土)・14日(日)
時 間 : 13:00~
来場予定人数 : 15,000人 (各日 7,500人)
年 齢 制 限 : 20歳未満入場禁止
※ご入場時に顔写真付きの身分証明書(免許/パスポート/外国人登録証明書)のご提示が必要
主 催 : Anheuser-Busch InBev Japan
チケット :
■公式価格:6,800円(1日券) / 10,000円(2日通し券)
※早割チケットがお得です。
■VIP席:200,000円
※内容:専用テーブル6名掛け1卓 / VIPエリアパス8枚 / ウェルカムドリンク / 専用トイレ / 専用エントランス / テーブルオーダー制 / VIP専用メニューオーダー可能
チケット購入 : http://w.pia.jp/t/coronasunsets19/
Spotify プレイリスト : http://corona-sunsets.jp/experience/spotify-lineup-playlist/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング