1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

キレイコムがWeChat SaaSの日本向け公認パートナーの独占総代理に

PR TIMES / 2021年9月9日 13時36分

~日系企業の中国向け越境ECを支援~

株式会社キレイコム(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:上田直之、以下当社)は、「WeChat」向けSaaSを提供する「微盟集団(Weimob)」の日本向け公認パートナーの日本国内独占総代理として、日本国内の企業・団体へ、WeChatミニプログラムを活用した越境ECソリューションを提供いたします。

当社は、日本製商品を取り扱う各メーカーに向けて中国進出支援を行なっており、中国の消費者に商品を販売するために必要な販路構築、国際物流サービス、決済・回収代行等の一連のサービスを行っています。



[画像: https://prtimes.jp/i/35629/12/resize/d35629-12-5457b90f03c0a6f60072-0.png ]

コロナ禍で脚光を浴びる「越境EC」
新型コロナウイルスによるパンデミックの影響で、日本国内での外国人観光客による消費行動は激減しましたが、中国をはじめとした海外の消費者による日本製品の購買ニーズは存在しています。

中国の消費市場は依然として拡大を続けており、沿海部の経済先進地域から内陸や中西部地域などの都市においても消費が拡大しています。

とりわけ、高品質の輸入製品に対する需要が旺盛であり、新型コロナウイルスの影響で海外渡航が制限される中、越境EC を利用して海外製品の購入を希望する消費者が多く存在しています。

また、多くの日本企業が、コロナ禍でも海外の消費者に直接商品を販売できる「越境EC」に注目しています。

WeChatとは
WeChatは、テンセント社が開発・運営している登録アカウント数が12億人を超える中国最大級のSNSです。

特徴として、メッセ―ジ機能やSNS機能が融合されており、QRコード決済サービスのWeChatPayは、アリババ社が運営する支付宝と同様、中国における2大QR決済アプリとして浸透しています。

企業は、ミニプログラムと呼ばれるプログラムを利用することで、既存のアプリ機能以外の機能を自身の公式サイトにもつことができます。

WeChatミニプログラムの将来性と優位性
WeChatミニプログラムとは、WeChat内で利用できるアプリのことです。

ユーザーは、ミニプログラムにより、ダウンロード不要で店舗やタクシーの予約、メニューの注文や決済などを利用できます。

その利便性の高さから、中国国内ではミニプログラム利用者の数が爆発的に成長しており、テンセント社の公式発表によると、月間アクティブユーザー数は8億人を超えています。

また、そのうちの6000万人以上がミニプログラム上でモバイルショッピングを行っているとのデータがあり、中国EC市場への新たな入り口として国内外から注目を集めています。

また、中国国内ECの機能はもちろん、昨今は越境ECの機能も拡充されています。日本を含む中国国外企業は、ミニプログラムを活用した越境ECによる中国消費者への商品販売に注目しており、今後はアリババ・京東と同様のECプラットフォームの1つとして成長が期待されています。

「微盟集団(Weimob)」について
「微盟集団(Weimob)」はWeChatに関連するSaaSサービスを提供する、香港証券取引所に上場する企業です(証券コード:02013)。

同社は、中国の中小企業向けにクラウドサービスとマーケティング・ソリューションを提供しているほか、テンセント社のSNS広告を使った中小企業向けマーケティング・サービスも行っています。微盟集団(Weimob)
URL: https://www.weimob.com/

キレイコムが提供するサービス
キレイコムは、「微盟集団(Weimob)」と日本における総代理店契約を締結し、公認パートナーとして、日本企業が越境ECを運営するために必要な機能を備えたトータルソリューションを日本国内へ提供します。

越境ECに対応したWeChatミニプログラム・「微商城」のカスタマイズ
WeChatミニプログラムの開発と、公式アカウントの運営代行を包括的に行う、越境ECトータルソリューションの提供
WeChat公式アカウントと連動したターゲティング広告配信
Liveコマースなどの、WeChatを活用した集客・広告プロモーション施策
越境EC業務運営代行、売上金回収代行、上海の保税倉庫を活用した越境ECフルフィルメントサービス


株式会社キレイコム概要


商号:株式会社キレイコム
代表者:上田 直之
URL: https://www.kireicom.co.jp/


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング