コラボレートを加速するスキルシェアサービス「Workship」が「Chatwork」と連携スタート!

PR TIMES / 2019年10月1日 10時0分

Chatworkで確認ができるから、候補者とのマッチングを見逃さない

株式会社GIGが運営する、プロフェッショナルなフリーランスと企業のコラボレートを加速するスキルシェアサービス「Workship(ワークシップ)」が、ビジネスチャット「Chatwork」と連携いたしました。
この連携により、Workshipでマッチングが成立したことを、Chatworkでお知らせを受け取ることができます。



[画像1: https://prtimes.jp/i/42378/12/resize/d42378-12-198552-3.png ]


■今回のリリース内容
「Workship」でマッチングしたことを「Chatwork」でお知らせすることが可能になりました。
以下の時に、ユーザーが指定したChatworkのチャットルームでメッセージを受け取ることができます。
 - マッチングした時
 - 自社の募集に気になる!をされた時
 - 候補者からメッセージが送られた時

▼「Chatwork」をお使いの企業様へ▼
少子高齢化が進む日本。働き手は減少し、人材雇用はますます難しくなっていくとされています。
一方で「会社に縛られずに働きたい」「自分のスキルで社会を変えたい」と考えるフリーランスは増加傾向にあり、内閣府が出している調査結果ではフリーランス人口は341万人といわれています。(内閣府 統計 2019年7月調査結果参照)。
今後は、フリーランスの活用が企業成長のカギとなります。しかし、優秀なフリーランスがどこにいるか分からない…とお困りになる方も多いでしょう。
「Workship」にご登録いただくことにより、確保が難しい転職市場やリファラル採用市場にいない、ハイスキルなフリーランスのエンジニア、デザイナーにアプローチができます。また、今回の連携により、普段お使いのChatworkを活用してWorkshipからの通知を受け取ることが可能になりました。

成果報酬型のため、初期費用は0円!
さらに、「リリース記念割」キャンペーンを実施中!先着100名限定のお得なキャンペーンとなります!
※先着人数に到達次第、キャンペーンは終了させていただきます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/42378/12/resize/d42378-12-500871-0.png ]

エンジニア、デザイナー採用をお考えなら、ぜひご登録を!
ご登録はこちら→ https://goworkship.com/

■「Workship」について
「Workship」は『コラボレートを加速するスキルシェアサービス』として、デジタル業界で活躍するプロフェッショナル人材と企業をプロジェクト単位でマッチングする成果報酬型のサービスです。
デジタルクリエイター、エンジニアの働き方が多様化する中で、企業がプロフェッショナル人材を必要な期間や条件・報酬で検索、採用が可能です。2019年9月現在、登録会員数約8,000人、累計利用企業数は350社以上にご利用頂いています。
HP: https://goworkship.com/
[画像3: https://prtimes.jp/i/42378/12/resize/d42378-12-163908-2.png ]

また、「Workship」の関連サイトとしてクリエイター向けWebマガジン「Workship MAGAZINE」の運営や、コワーキングスペース検索サイトの「Workship SPACE」、登録会員向けのカウンセリングや情報提供を実施する「W-AGENT」なども展開。ハイレベルなフリーランス人材の活動発展を総合的且つ継続的にサポートするプラットフォームとして、更なる機能拡充に努めてまいります。


■「Chatwork」について
Chatworkは、Chatwork株式会社が「働くをもっと楽しく、創造的に」というコーポレートミッションのもと運営しているビジネスチャットツールです。「Chatwork」は、もともと社内向けとして開発され、いまでは導入社数232,000社(2019年8月末日時点)を突破し拡がり続けています。コミュニケーションが変われば働き方も変わっていく。導入していただくことで、私たちが目指す働き方を実現できるようなサービスづくりをおこなっています。
HP: https://go.chatwork.com/ja/


■株式会社GIGについて
「テクノロジーとクリエイティブで、セカイをより良くする」というミッションのもと、2017年4月に創業。ナショナルクライアントからスタートアップまで、Webプロモーション、UI/UXデザイン、システム開発など、デジタル領域の課題解決に取り組みながら自社サービスを構築・展開。時代や場所における課題を見つけ、テクノロジーとクリエイティブの両面から、価値あるモノを創造し続けます。

参照URL: Workship MAGAZINE( https://goworkship.com/magazine/
参照URL: Worship SPACE( https://goworkship.com/space/
参照URL: W-AGENT( https://gowagent.com/
参照URL: https://giginc.co.jp/

Facebook@GIG Inc. / Twitter@giginc2016

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社GIG 広報担当
東京都中央区日本橋浜町1-11-8-4F
メールアドレス:pr@giginc.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング