シンガポール航空、札幌(新千歳)に季節定期便を運航

PR TIMES / 2019年10月17日 14時25分

シンガポール航空日本支社(東京都千代田区、日本支社長ウォン・テックフイ)は、2019年11月30日から2020年1月7日までの期間限定で札幌(新千歳)-シンガポール間の季節定期便を運航いたします。



北海道への旅行客増加の需要に応えるため、期間中は札幌-シンガポール間で38往復の運航を予定しており、1回の冬期期間中に運航する便数としては過去最多となります。ビジネスクラス30席、エコノミークラス255席を有するエアバスA330-300型機を使用し、期間中は20,000席以上の座席を供給いたします。シンガポール航空は、札幌-シンガポール間の季節定期便を2014年から開始し、今年で6年目の運航となります。

これに先立ち、2019年7月にシンガポール航空と日本政府観光局(JNTO)は、5つの主要都市(シンガポール、オーストラリア、インド、インドネシア、マレーシア)から日本への観光促進を目的とした協力覚書を締結しました。シンガポール航空は、今後も高品質なサービスをお客様に提供し、北海道をはじめ日本に貢献して参ります。

札幌(新千歳)への季節定期便の詳細については、シンガポール航空のウェブサイトをご覧ください: https://bit.ly/312fbwa

札幌(新千歳)-シンガポール間の運航スケジュール*(時刻は全て現地時刻)

[画像: https://prtimes.jp/i/43096/12/resize/d43096-12-328709-1.jpg ]

*上記運航スケジュールは関係当局の認可を前提としています。

###
シンガポール航空について
シンガポール航空は126機の最新鋭旅客機と7機の貨物機を保有し、シルクエアーを含め、東京(羽田・成田)、大阪、名古屋、福岡、広島など、世界36の国と地域の101都市を結ぶ充実したネットワークを有しています。シンガポール航空は、そのブランドの果たすべき役割として3つの柱である「Service Excellence」、「Product Leadership」、「Network Connectivity」の向上に継続的に取り組んでいます。シンガポール航空は「スターアライアンス」に加盟しています。
シンガポール航空ホームページ:singaporeair.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング