遊休資産となる休日のEV社用車を有効活用 EV社用車をクラウド管理によりカーシェア

PR TIMES / 2020年10月2日 14時45分

1時間500円~で無人受け渡し※1が可能

株式会社DeNA SOMPO Mobilityと株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下 DeNA)は、東京電力パワーグリッド株式会社の協力のもと、社用車として同社に利用頂く予定のDeNA SOMPO Mobility所有のEVを近隣住民の方々へ休日にカーシェアリングする実証実験を2020年10月3日(土)より開始します。



DeNAは、企業向けのEV車両から得られたデータをクラウド上で管理、解析することで、法人における車両利用用途に合致したEVの導入を支援する「企業向けEV導入ソリューション」の提供を目指すことを2020年9月に発表しました( https://dena.com/jp/press/004649 )。
[画像1: https://prtimes.jp/i/44125/12/resize/d44125-12-917468-2.png ]


今回、東京電力パワーグリッド株式会社の協力のもと、同社の社内実証の場を活用させていただき、社用車として同社にご利用いただく予定のDeNA SOMPO Mobility所有のEVにおいて、バッテリーの劣化推定を行うための車両データ収集基盤を構築すると共に、バッテリー残量、航続距離、充電状況などを可視化するシステムを提供します。

さらに、各種データの見える化機能を応用し、同社の東京都江東区の敷地内駐車場にあるEVを休日に近隣住民の方々にもカーシェアリングする実証実験を2020年10月3日(土)より開始します。カーシェアリングにはDeNA SOMPO Molilityが提供するカーシェアリングサービス「Anyca(エニカ)」( https://anyca.net/ )を活用します。社用EVを休日など車両の非稼働時に近隣住民の方々にシェアすることで、企業の車両維持費用を削減するのみならず、シェアリングエコノミー社会の推進を支援します。

カーシェアリングの詳細
今回のカーシェアでは、「Anyca Official シェアカー」(レンタカー形態のカーシェア)としてサービスを提供します。「Anyca」における通常の個人間カーシェアと異なり、カーシェア受け渡し用の機器が取り付けられているため、無人受け渡し※1可能なレンタカーとして、1時間からの短時間利用が可能です。

※1 今回実証実験のため、スタッフがサポートやアンケートをお願いする場合がございます

東京都江東区の東京電力パワーグリッド株式会社の敷地内駐車場にある日産リーフ2台を近隣住民の方も「Anyca」を通じて予約することが可能になります。

なお、今回は実証実験として、1時間500円~で乗れる特別料金で提供します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/44125/12/resize/d44125-12-851402-1.png ]


●実証実験期間:2020年10月3日(土)~2020年12月20日(日)の(土)・(日)・(祝日)
●場所:東京電力パワーグリッド株式会社 敷地内駐車場(東京都江東区大島3-3-16)


[画像3: https://prtimes.jp/i/44125/12/resize/d44125-12-320666-0.png ]


※「Anyca Official シェアカー」はDeNA SOMPO Mobility所有のレンタカーです
※料金は2020年10月現在
※写真はイメージで、実際のクルマの色や仕様などは異なる場合があります
※走行距離に応じた距離料金、及び事故などがあった場合にはノンオペレーションチャージが必要となる可能性があります
※無人での受渡は、アプリ上でご登録いただいた免許証をかざすとクルマの開錠が可能です
※道路料金等、通常の利用にかかる費用は一般的なレンタカーと同様、利用者にご負担いただきます
※予約時にはレンタカー約款への同意が必要です
※詳しくはAnyca Official シェアカーウェブサイトをご確認ください
※充電は車内の充電サービス会員カードを充電ステーションで利用いただくと、お客様の料金負担がなく充電が可能です

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング